HP内の目次へ・検索もできます!  風雅な王朝行列 『葵祭』

12202号      12204号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12203号 2016年5月6日
風雅な王朝行列
『葵祭』
風雅な王朝行列 『葵祭』
日時:2016年5月15日(日)10:30─15:30(雨天順延
祭の見どころ:
現在は路頭の儀(行列)と社頭の儀(行列が下鴨・上賀茂両社に到着した際、それぞれの社頭で行われる儀式)がおこなわれています。
路頭の儀は、勅使代を中心にした本列、女人列(にょにんれつ)といわれる斎王代列に大きく分かれ、勅使(ちょくし)をはじめ検非違使(けびいし)、内蔵使(くらづかい)、山城使(やましろつかい)、牛車(ぎっしゃ)、風流傘(ふりゅうがさ)、斎王代(さいおうだい)など、平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発します。
総勢500余名、馬36頭、牛4頭、牛車2基、輿1台の風雅な王朝行列が、遠く東山や北山の峰々を眺望しながら下鴨神社へ、さらに上賀茂神社へ約8キロ道のりを巡行します。
社頭の儀は、下鴨・上賀茂両社の社頭で行列が到着した際行われ、勅使が御祭文を奏上し御幣物を奉納します。平安調を偲ばせるみやびな雰囲気のなかで、神馬の引き回し、舞人による「あずまあそび」の舞が奉納されます。
行列巡路
葵祭は京都三大祭のひとつで、わが国の祭のうち最も優雅で古趣に富んだ祭として知られています。
古典行列は平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発、総勢500名以上の風雅な行列が下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向かいます。
京都御所 出発(午前10時30分)堺町御門 → 丸太町通 → 河原町通 → 下鴨神社到着(11:40)路頭の儀・出発(14:20)→下鴨本通 → 洛北高校前(14:40) → 北大路通 → 北大路橋(14:55)→ 賀茂川堤 → 上賀茂神社到着(15:30)

Kyoto Gosho 10:30 →Marutamachi-dori→Kawaramachi-dori→Shimogamo Jinja Ar.11:40 Lv.14:20 → Kamigamo Jinja Ar.15:30(Time stated above will be sometimes a little behind schedule.)
※( )は行列通過予定時刻
詳しくは:
http://www.kyokanko.or.jp/aoi/



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533