HP内の目次へ・検索もできます!  2016年春季特別展 『かざり』-信仰と祭りのエネルギー

12031号      12033号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12032号 2016年02月03日
2016年春季特別展 『かざり』-信仰と祭りのエネルギー 2016年春季特別展
『かざり』-信仰と祭りのエネルギー


日時:2016年3月1日8(火)~5月15日(日)
 10:00─17:00(入館16:00)

休館日:月曜日(ただし、3月21日は開館、
 3月22日は休館)
場所:MIHO MUSEUM
〒529-1814  滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL:0748-82-3411 FAX:0748-82-3414
◎美術館公式サイト
電車、路線バス利用
 JR 琵琶湖線石山駅下車 (京都駅から約13分)
 JR 石山駅南口より MIHO MUSEUM行きバス
  (約50分)
・タクシー利用
 JR石山駅、瀬田駅、草津駅より 各約35分
 信楽高原鉄道信楽駅より約20分
入場料:一般:1,100円 高大生:800円
 小中生:300円
※ 20名以上の団体は各200円引き
主催:MIHO MUSEUM
上:鳥獣花木図屏風(部分)伊藤若冲筆 エツコ&ジョー・プライス・コレクション
展示期間:3月1日~4月17日
下:樹花鳥獣図屏風(部分)伊藤若冲筆 静岡県立美術館
展示期間:3月1日~3月13日
本展展覧会では、煌びやかな仏教荘厳の世界、伎楽や舞楽の色彩と歌舞の世界、信仰の中の動物たち、祭りの賑わいなどを展観しながら、「かざり」をキーワードに日本人の精神世界をひも解いでいきます。なかでも、「桝目描き」と呼ばれる独自の技法で描かれた伊藤若沖の「鳥猷花木図屏風」(図:表面上展示3月1日~4月17日)と「樹花鳥獣図屏風」(図:表面下 展示3月1日~3月13日)との競演はみどころです。両作が揃う期間は短いですが、1997年(静岡県立美術館)以来の顔合わせを、ぜひお見逃しなく。
また、「大浬磐図」(図AB展示4月19日~5月15日は、遷化する釈迦の周りに菩薩や明王、僧や大衆に加えて、百種類以上もの禽獣虫魚が描かれています。.若沖の右記屏風に通じる動物尽くしとともに、象と鯨の対比が若沖生誕以前に描かれていたことも興味深いところです。
併せで、滋賀県の水口曳山祭、大津祭、長浜曳山祭を彩る華麗な曳山懸装品や、大津市の日吉大社山王祭の活発を写す祭礼図(図C展示4月26日~5月15日)など、神仏への信仰に根ぎした「かざり」の世界をお楽しみください。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533