HP内の目次へ・検索もできます!  公開フォラム『伝統的木造住宅と省エネルギー』

11944号      11950号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11945号 2015年12月21日
詳細4・申込書PDF 公開フォラム『伝統的木造住宅と省エネルギー』 公開フォラム
『伝統的木造住宅と省エネルギー』

日時:2016年1月17日(日) 開場13:00 開会13:30─16:45

場所:ひと・まち交流館 京都 2F大会議室
〒600-8127
  京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1
  TEL:075-354-8701

参加費:1,500円
定員: 200名
主催:山とまちと木造建築実行委員会
2020年に向けて省エネ基準適合義務化の法制化が予定されています。これに対し木造住宅の設計、施工、研究に関わる各分野でさまざまな議論が始まっています。それが日本国中くまなく全ての住宅に適用されるということは、予想を超える大きな問題をはらんでいるからです。
例えば、耐久性を損なう心配はないのか、地域的多様性が失われる恐れはないのか、居住者の経済的負担はどうするのか。さらに、日本の開放的な住まい方の文化が失われる恐れがあります。
このままでは、真壁の土壁造りや土蔵づくりなどの伝統木造も、高い外皮性能が求められることになる
でしょう。
このような課題について、広い立場から議論を深め、伝統的木造住宅と省エネルギーに関しての問題点
を明らかにするという主旨で開催するものです。特に地域型住宅や伝統的木造住宅に重点を置いて考察
します。
後半では、資源分科会(豊田保之氏)・技術分科会(鉾井修一氏)・生活文化(秦めぐみ氏)の3つの分科会(カッコ内は発表者)に分かれ、京都ならではの立ち位置から議論を深めます。
CPD:5単位
詳しくはPDFで↑
お問合せ・申込先:京都府建築士会
お申込み方法:フォラム160117 公開フォラム『伝統的木造住宅と省エネルギー』
お名前・会員/一般・住所・連絡先・CPD番号(※CPD認定事業の場合)を明記の上お申し込みください。
TEL:075-211-2857
FAX:075-255-6077
contact@kyoto-kenchikushikai.jp



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533