HP内の目次へ・検索もできます!  『珠玉の仏教美術〈西新館〉』『珠玉の仏たち〈なら仏像館〉』

11924号      11926号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11925号 2015年12月08日
『珠玉の仏教美術〈西新館〉』
『珠玉の仏たち〈なら仏像館〉』

『珠玉の仏教美術〈西新館〉』『珠玉の仏たち〈なら仏像館〉』
日時:2015年12月8日(火)~2016年3月14日(月) 9:30─18:00
◆彫刻:2015年12月8日(火)~2016年3月14日(月)
◆絵画:2015年12月8日(火)~2016年1月11日(月・祝)
    2016年1月13日(水)~2016年2月14日(日)
    2016年2月16日(火)~2016年3月14日(月)
◆書跡:2015年12月8日(火)~2016年1月11日(月・祝)
    2016年1月13日(水)~2016年2月14日(日)
    2016年2月16日(火)~2016年3月14日(月)
◆工芸:2015年12月8日(火)~2016年1月11日(月・祝)
    2016年1月13日(水)~2016年2月14日(日)
    2016年2月16日(火)~2016年3月14日(月)
◆考古:2015年12月8日(火)~2016年1月11日(月・祝)
    2016年1月13日(水)~2016年3月14日(月)
場所:奈良国立博物館
〒630-8213 奈良市登大路町50番地
TEL:NTTハローダイヤル050-5542-8600 FAX:0742-26-7218
ご利用詳細は:
主催:奈良国立博物館
奈良国立博物館では、主として日本の仏教に関する美術工芸品を展示しています。
飛鳥時代から連綿と続く仏教美術は、寺院にまつられる仏像・仏画をはじめ、仏の教えを記した経典、説話や縁起を題材にした絵巻、仏舎利や経典を収納する容器、堂内を飾る荘厳具、様々な儀式に用いられる品々、そして寺院跡や仏教遺跡から出土する遺物など、多岐にわたっています。
西新館の名品展「珠玉の仏教美術」では、絵画・書跡・考古・工芸のジャンル別に展示をおこないます。
また、随時、ジャンルの枠にとらわれない特集展示なども開催しています。
なら仏像館(本館)の名品展「珠玉の仏たち」では、飛鳥時代から鎌倉時代に至る仏像を中心として日本彫刻、およびその源流ともいうべき中国の諸作品を幅広く紹介します。
珠玉の仏教美術 〈西新館〉
通常、西新館(第2・3室)で開催しております名品展「珠玉の仏教美術」(絵画・書跡・工芸・考古)は、
2015年12月8日(火)より再開いたします。
【国宝五大尊像 大公開】
来振寺(岐阜県揖斐郡大野町)の創建1300年を記念し、同寺が所蔵する平安仏画の傑作全5幅をそろって展示します。ぜひこの機会をお見逃しなく!
珠玉の仏たち 〈なら仏像館〉
なら仏像館 休館のお知らせ
当館で主に仏像を展示しております「なら仏像館」は、建物内外の改修工事のため、昨年(平成26年)9月より休館しています。
明治28年(1895)の開館から今年で120年目を迎える「なら仏像館」は、国重要文化財にも指定される明治建築の優品です。この貴重な遺産を次世代に伝えるため、また今後も陳列館として観覧者および展示品にとって良好な室内環境のもと使っていくことができるようにするため、今回の改修を実施しています。
休館の間、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
※2016年春リニューアルオープン予定
詳しくは: http://www.narahaku.go.jp/exhibition/usual.html
なお、「なら仏像館」の休館中も、新館と青銅器館は開館しております(一時休館あり)ので、ぜひ足をお運びください。ミュージアムショップ・レストランも営業しています。
皆様のご来館をお待ちしております。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533