HP内の目次へ・検索もできます!  『おん祭と春日信仰の美術』

11919号      11925号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11924号 2015年12月08日
『おん祭と春日信仰の美術』 『おん祭と春日信仰の美術』

日時:2015年12月8日(火)~2016年1月17日(日)
 9:30─18:00

※12月17日(木)は19:00まで開館
 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、1月1日(金・祝)、12日(火)
※ただし12月28日(月)、1月11日(月・祝)は開館
場所:奈良国立博物館 東新館
〒630-8213 奈良市登大路町50番地
 TEL:NTTハローダイヤル050-5542-8600
 FAX:0742-26-7218
主催:奈良国立博物館、春日大社、仏教美術協会
観覧料金:一般520円(410円) 大学生260円(210円)
※団体は責任者が引率する20名以上です。
※高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※子ども(中学生以下)と一緒に観覧される方[子どもといっしょ割引]は、団体料金が適用になります。
※この観覧料金で、同時開催の名品展「珠玉の仏教美術」
(西新館、12月8日より開催)、特集展示「新たに修理された文化財」(西新館、12月22日より開催)もご覧になれます。
※中国古代青銅器[坂本コレクション](青銅器館)、仏像写真展「大和の仏たち ー奈良博写真技師の眼ー」(地下回廊)、開館120年記念「写真でたどる奈良国立博物館のあゆみ」(地下回廊)は無料でご覧になれます。
※おん祭お渡り式の日〔12月17日(木)〕はどなたでも無料でご覧になれます。
※成人の日〔1月11日〕は、今年度に成人を迎えられた方の観覧料が無料となります。
※平成28年1月2日(土)~3日(日)に春日大社で配布される小型チラシをご持参の方は、この2日間に限り無料でご観覧いただけます。
※なら仏像館は改修工事のため休館中です。
春日若宮おん祭は、一年に一度、常の住まいを離れて御旅所(おたびしょ)の御假殿(おかりでん)に遷座(せんざ)される若宮神の前に、さまざまな芸能などを奉納するお祭りです。
長承4年(1135)の若宮社御創建を承け、翌保延2年(1136)9月17日に始まったとされ、その後祭日は変わりましたが、今年で880回目を数えます。
本展覧会は、伝統ある春日若宮おん祭を取り上げ、絵画や文献史料等を通じ、おん祭の歴史と祭礼を紹介し、あわせて春日信仰に関する美術を展示する恒例の企画で、今年で10回目を迎えます。本年は、祭礼の間、若宮神が遷座する御旅所の御假殿にスポットを当てるとともに、平安時代の若宮社創建にまつわる上皇や貴族の動向を紹介いたします。
出陳品 51件(うち国宝3件、重要文化財5件)※会期中、展示替えを行います。
[関連イベント]
公開講座

演題:「若宮の誕生とその御祭礼」
講師:花山院 弘匡氏(春日大社宮司)
日時:2015年12月26日(土)
※詳しくはこちらへ
主催:奈良国立博物館、春日大社、仏教美術協会



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533