HP内の目次へ・検索もできます! 『京都建築探偵塾 第1期開講』 -風水入門 ・ 建築パース入門-

10767号       10773号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10772号 2014年3月7日
『京都建築探偵塾 第1期開講』
-風水入門 ・ 建築パース入門-

御香宮(京都市伏見区)
日時:2014年4月7日(月)~8月4日(月)19:30─
※各週の月曜日・各8回


 4月から「風水入門」「建築パース入門」の2コース(各8回)を開きます。いずれも初心者向けなので気軽に受講してください。会場は四条烏丸から徒歩5分の町家カフェ「月の花」にお願いしました。定員は10名程度なのでこじんまりと始めます。8回通しのカリキュラムを組みましたが1回ごとの参加も可能です。
http://tanuki.la.coocan.jp/tanteitop.html
講師:西日本建築探偵団団長 円満字洋介
1960年大阪府生まれ、修復建築家、関西大学非常勤講師、著書に「隠岐ノ島旅スケッチ」(大龍堂書店2010)
「京都大阪神戸名建築ガイドマップ」(エクスナレッジ2012)「京都まち遺産探偵」(淡交社2013)など
http://www.tukitanu.net/
会場:町家カフェ「月の花」2階小部屋
〒6008072 京都市下京区綾小路通堺町東入ル綾材木町206-1
http://www.kyoto-tsukinohana.jp/
時間:4月より隔週月曜日午後7時半より1時間半ほど
定員:10名程度、先着順締め切り
ホームページで各講習日ごとの受講者数の確認ができます。
受講料:1回につき1,500円(当日払い)
申し込み先:氏名と参加日を次のメールまで
tukitanu@mbr.nifty.com
カリキュラム予定:次の通りですが進捗に合わせて変えるつもりです。
< 風水入門 >
 二条城唐門などの作品を写真で見ながら、当時の人がどのような風水知識で動物彫刻を配置していたのかなどを探ります。江戸時代までの風水の基本を学ぶもので、現在行われている家相学の講義ではありません。
1.4/07(月)陰陽論の基本(二条城唐門の動物彫刻)
2.4/21(月)五行説の基本(伏見稲荷の鳥居はなぜ朱いか)
3.5/12(月)生数と成数(六角堂はなぜ六角形か)
4.5/26(月)易経の基本(二条城はなぜ二条にあるのか)
5.6/09(月)易経(聖徳太子の十七条憲法はなぜ17条なのか)
6.6/23(月)河図(かと、平安京の易しい作り方)
7.7/07(月)洛書(らくしょ、二条城唐門の動物彫刻)
8.7/28(月)十干十二支(北野天満宮三光門の動物彫刻)

< 建築パース入門 >
 第1課題はパースシートを使って点景の描きかたの練習をします。パースは形をとることよりも点景の描きかたのほうが大切だと思っています。描く建物そのものは各自で考えます。点景を描き込みながら最後に色エンピツで彩色して完成させます。第2課題は簡略透視図の描きかたを学んで自分で自由に形を起こす練習をします。
1.4/14(月)課題1、パースシートの使いかた
2.4/28(月)課題1、点景(人物、植物)
3.5/19(月)課題1、点景(自動車、窓や壁のテクスチャ-)
4.6/02(月)課題1、彩色と講評
5.6/16(月)課題2、簡略一点透視図
6.6/30(月)課題2、簡略二点透視図
7.7/14(月)課題2、点景描き込み
8.8/04(月)課題2、彩色と講評



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533