HP内の目次へ・検索もできます! 『人間の街をめざして』 -ヤン・ゲールの軌跡-

15820号    15823号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15821号 2020年7月2日
『人間の街をめざして』 -ヤン・ゲールの軌跡- 『人間の街をめざして』
-ヤン・ゲールの軌跡-

著:アニー・マタン+ピーター・ニューマン
訳:北原理雄
発行:鹿島出版会
定価:(本体2,800円+税)B5・192p
978-4-306046788
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
北欧の異端児から世界の先導者へ。
「人間の街」をめざして闘ってきたヤン・ゲールの理論と実践の軌跡。
もしヤン・ゲールがいなかったら、私たちは街を救うために彼を発明しなければならなかっただろう。
都市という世界の主役は人間である。半世紀のあいだ、ヤンの先見性あふれる活動は、都市の公共空間を自動車交通ではなく人間の場所にすることに貢献してきた。ヤンは類まれな感受性と知性とユーモアを兼ね備え、都市デザインの本質的問題を摘出し、それを克服するのに必要な実践的で都市特性に合わせた解決策を導くことができる。―ジャネット・サディク=カーン(元ニューヨーク市交通局長)

私たちはよく、ロバート・モーゼスの規模で計画し、ジェイン・ジェイコブズの基準で自己評価すると言ってきた。しかし、それはもはや正しくない。いまや私たちは、ヤン・ゲールの基準で自己評価している。
―アマンダ・バーデン(ニューヨーク市計画局長)

街は書物と同様に読むことができ、ヤン・ゲールは街の言語を理解している。
―リチャード・ロジャース(建築家)
[目次]
まえがき
1章 人間の次元
2章 人びとを可視化する
3章 理念を広める
4章 実験室としてのコペンハーゲン
5章 物の見方を変える
6章 街を変える
7章 未来に向かって
訳者あとがき



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533