HP内の目次へ・検索もできます! 『山の手「成城」の社会史』 -都市・ミドルクラス・文化-

15701号    15703号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15702号 2020年5月22日
『山の手「成城」の社会史』 -都市・ミドルクラス・文化- 『山の手「成城」の社会史』
-都市・ミドルクラス・文化-


著:新倉貴仁
発行:青弓社
定価:(本体2,000円+税)四六・224p
978-4-787234667
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
高級住宅街として全国的に知られ、学園都市としても有名な成城という街はどのようにできあがり、そこにはどのような文化が生起したのか。
武蔵野台地の南縁に位置し、関東大震災後に開発され、ミドルクラスが移り住んだ成城を語るために、横溝正史、丹下健三、三船敏郎という成城に居を構えた著名人たちの来歴を振り返り、小説・建築・映画から都市と文化の諸相にアプローチする。
また、モダニズム建築や都市計画、東宝をはじめとした映画産業との関わり、「教育と家族」という視点から、成城の街がほかの私鉄沿線の郊外住宅地とは異なる固有性を得るに至った経緯を明らかにする。
成城というユニークな「山の手」の街を切り口に、日本社会のミドルクラスとモダニズムの関係に迫り、それを生きた人々の経験をすくい取る。
[目次]
はじめに 新倉貴仁
第1部 住まいとしての成城
 第1章 探偵小説のトポロジー――横溝正史と成城のまち 内田隆三
 第2章 建築家が帰る場所――丹下健三と成城のまち 磯 達雄
 第3章 成城と映画――世界のミフネ≠生んだ街、成城 高田雅彦
第2部 都市、住宅、近代
 第4章 教育する家族の生活と教育――成城を事例として 岩田一正
 第5章 なぜモダニズム建築にして都市計画なのか 北山研二
 第6章 都市の住まいとまちなみ――「成城」を通して考える 山本理奈
[著者プロフィール・新倉貴仁[ニイクラタカヒト]]
成城大学文芸学部准教授。専攻は文化社会学、メディア論など執筆。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533