HP内の目次へ・検索もできます! 『確認検査員からみた 建築確認申請のポイント』

15690号    15693号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15692号 2020年5月19日
刊行予定日:2020年6月上旬 ご予約下さい!
『確認検査員からみた 建築確認申請のポイント』
PDF『確認検査員からみた 建築確認申請のポイント』
著:石井京子(建築基準適合判定資格者・一級建築士)
発行:新日本法規出版
定価:(本体4,300円+税)B5・328p
978-4-7882-8672-6
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
ミスのない建築確認申請のために!
令和2年4月1日施行、防火・避難規定の合理化の建築基準法施行令、同関係告示にもいち早く対応している安心の一冊!
・建築確認申請でよくある誤りを事例として取り上げ、誤りやすいポイントを解説しています。
・解説は図表を多用した、視覚的にわかりやすい内容です。
・建築確認検査に長年携わってきた確認検査員が、豊富な知見に基づき執筆しています。
・弊社発行「建築申請memo」と併用することで、建築確認申請の理解がより一層深まります。
[目次]
第1章 建築確認の概要
  第1 建築確認の仕組み及び建築基準関係規定
  第2 建築確認申請手続の概要
  第3 申請の種類と書式
  第4 申請のための法令基本知識
  1 法の種類、骨格
  2 法の構成
  3 法文の構成
  4 法令用語
 【コラム】確認申請業務の時短のコツ
第2章 申請手続等に関する誤り
 第1 確認申請手続
 1 確認申請の要否
  [1]10u以内の建築物
  [2]小規模物置
  [3]水素スタンド用コンテナ
   [4]段階的な用途変更
  [5]類似用途への変更
 2 2つの地域にわたる場合
  [6]建築物の敷地が2つの地域にわたる場合
 3 建築設備の確認申請
  [7]単独の確認申請が必要な建築設備
  [8]昇降機の確認申請(併願・別願)
  [9]小荷物専用昇降機の確認申請
 4 確認の特例
  [10]4号特例
 5 確認の特例の適用と適用外
  [11]アルミニウム合金造の駐輪場
 6 関係規定
  [12]一般条例と委任条例
  [13]建築基準法以外の法令
 7 消防同意
  [14]消防同意の要否
 8 添付書類
  [15]必要書類の三種の神器とそれ以外に必要なもの
 第2 検 査
  [16]特定工程
  [17]工区を分けた場合の検査対象
  [18]外構や緑化工事の検査
  第3 その他の申請・届出
 1 各変更に関すること
  [19]計画変更申請が必要な変更
  [20]確認申請の取り下げが必要な変更
  [21]建築主や工事監理者、設計者の変更
 2 仮使用認定申請
  [22]行政庁と指定機関の実施可能範囲の違い
  [23]エレベーターの仮使用承認
 【コラム】確認申請書の記載ミス多発部分
第3章 用語の定義に関する誤り
 1 敷地に関すること
  [24]一団の土地
 2 用途の可分不可分
  [25]用途上の可分不可分
 3 一の建築物
  [26]一の建築物
 【コラム】主要構造部と構造耐力上主要な部分の違い
第4章 一般構造に関する誤り
 1 採光と換気
  [27]天窓の採光補正係数
  [28]保育所における採光規定
  [29]開口部が2つの用途地域にわたる場合の採光補正係数
 2 内装制限
  [30]学校等の内装制限

第5章 防耐火に関する誤り
 1 延焼のおそれのある部分
  [31]隣棟間の延焼ライン
 2 防耐火
  [32]準耐火建築物の種類による制限
  [33]耐火(準耐火)建築物の屋根
 3 防火区画
  [34]防火区画上の防火設備
  [35]スパンドレルの構造 
  [36]面積区画の緩和
  [37]昇降機の竪穴区画と遮煙性能
  [38]住宅の竪穴区画
  [39]小規模な廊下と階段室の竪穴区画
  [40]防火防煙スクリーンでの区画
 4 防火上主要な間仕切・界壁・隔壁
  [41]防火上主要な間仕切の定義と範囲
  [42]防火上主要な間仕切壁の緩和1(避難上有効なバルコニー)
  [43]防火上主要な間仕切の緩和2(強化天井)
 【コラム】改正が続く防火区画
第6章 避難施設等に関する誤り
 1 適用範囲
  [44]別の建築物
  [45]大規模な物販店舗
 2 廊 下
  [46]廊下の幅員
  [47]3室以下専用、両側居室、片側居室等3 直通階段
  [48]2以上の直通階段1(緩和)
  [49]2以上の直通階段2(配置と経路)
 4 避難階段・特別避難階段
  [50]階段へ通ずる出入口
  [51]非常用エレベーターと特別避難階段の付室
  [52]屋外避難階段の開口部制限
 5 排煙設備
  [53]複合用途の建築物
  [54]二室一室
  [55]吹 抜
  [56]ビルトイン車庫付き住宅の告示免除
 【コラム】排煙上有効な開口部と排煙口の違い
 6 非常用の照明装置
  [57]非常用照明のLEDランプの使用
  [58]小規模な居室の非常用照明
  [59]採光上有効に直接外気に開放された通路
  [60]採光上有効な居室の非常用照明
 7 非常用の進入口
  [61]設置が必要な外壁面
  [62]非常用の進入口と代替進入口の混用
  [63]路地状敷地の進入口
 8 敷地内通路
  [64]同一敷地内の複数の建物

第7章 避難安全検証に関する誤り
  [65]適用用途
  [66]適用除外とすることができる規定
  [67]検証法上の防火設備
  [68]前室の設置
  [69]外壁材・内装材の制限
  [70]排煙設備の免除
 【コラム】各算定に関する誤り
第8章 建築設備に関する誤り
 1 受水槽等
  [71]受水槽室への空調配管の貫通
  [72]床面積の算入
  [73]高さ・階数等への算入
 2 昇降機
  [74]共同住宅への寝台用エレベーターの設置
  [75]店舗へのホームエレベーターの設置
 3 避雷設備
  [76]避雷設備の設置
  [77]避雷針の近くにあるアンテナや高架水槽
 4 予備電源
  [78]排煙設備の予備電源
 5 換気設備
  [79]電気厨房(IH)の換気量算定
  [80]防火覆いの構造
  [81]形態による車庫、駐車場の換気設備の違い
 6 区画貫通部
  [82]避難階段の換気・空調ダクトの区画貫通処理
  [83]排煙ダクトの区画貫通処理
 【コラム】別願申請予定のエレベーター図の添付
第9章 構造規定に関する誤り
 1 構造規定一般
  [84]構造計算上の「建築物の高さ」「軒高」
  [85]特殊な構造方法の図書
  [86]構造設計一級建築士の関与と安全証明書
  [87]構造計算適合判定の要否
  [88]屋上目隠し工作物
 2 構造計算等
  [89]設計ルートの混用
  [90]木造と鉄骨造の併用構造
  [91]多雪地域以外の積雪荷重
  [92]仮設建築物の基礎・柱脚
  [93]地盤調査報告書
第10章 道路に関する誤り
 1 接 道
  [94]建築基準法上の道路
  [95]接道長さの測り方
  [96]開発中の道路にのみ接している敷地
  [97]都市計画道路に面する敷地
 2 道路幅員
  [98]前面道路の最大幅員
第11章 用途に関する誤り
 1 形態によって変わる用途
  [99]サービス付き高齢者向け住宅
  [100]短期賃貸マンション
  [101]フィットネスクラブ
  [102]認定こども園
 2 住宅系用途
  [103]一戸建住宅・二世帯住宅・多世帯住宅
  [104]民泊施設
 【コラム】共同住宅・長屋の複合建築物
 3 その他の特殊建築物
  [105]自動車車庫の規制
  [106]ダンスホール・ナイトクラブ
第12章 面積・高さに関する誤り
 第1 面積・高さ
 1 地盤面の算定
  [107]高低差が3mを超える場合
  [108]ドライエリアやピロティ、バルコニーがある場合
 2 地 階
  [109]地階の判定
  [110]住宅等の地階の容積緩和
 3 小屋裏物置
  [111]小屋裏物置の扱い
 第2 容積率
 1 道路幅員
  [112]道路幅員による容積率算定
 2 緩 和
  [113]複合用途の共用廊下
  [114]宅配ボックス
【コラム】容積率規制の特例対象とする老人ホーム等
 第3 建蔽率
  [115]準防火地域の建蔽率緩和
  [116]角地緩和
 第4 高さ制限
 1 建築物の高さ・階数
  [117]建築物の高さ、階数に算入しない屋上部分
 2 斜線制限
  [118]2以上の異なる水面等がある場合の各斜線
 第5 天空率
  [119]北側斜線の適用
  [120]複数の用途地域にわたる場合の算定、斜線適用距離
 第6 日影規制
  [121]建築物が複数棟ある場合の日影規制
  [122]建築物の高さに含まれない塔屋等と日影規制
  [123]日影規制の異なる区域
  [124]再許可が不要の増築
  [125]高低差緩和(隣地の地盤面の設定)
第13章 修繕・増改築に関する誤り
  [126]申請が必要な修繕・模様替
  [127]既存部分の昇降機への遡及
  [128]検査済証のない建築物の増改築等
 【コラム】危害防止装置の既存建築物への遡及適用
※内容を一部変更することがありますので、ご了承ください。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533