HP内の目次へ・検索もできます! 『建築ジャーナル 2020年5月号』 -堤防はなぜ決壊したか-

15649号    15651号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15650号 2020年5月1日
『建築ジャーナル 2020年5月号』 -堤防はなぜ決壊したか- 『建築ジャーナル 2020年5月号』
-堤防はなぜ決壊したか-


編集・発行:建築ジャーナル
定価:(本体900円+税)A4・113p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
堤防はなぜ決壊したか。それは、ダムとスーパー堤防に予算をつけるため。途中の「計画高水位」までコンクリートで保護し、水がそれを越えると破堤するからくりだ。ダム建設の是非で揺れるある県の河川課長が「災害は追い風」と思わず漏らして物議を醸したこともある。惨事便乗型治水はもう終わりにしよう。
[目次]
インタビュー
 繰り返す惨事便乗型資本主義
 堤防は決壊するようにできている 関良基
対談
 堤防はなぜ決壊したか 国家の自然観、民衆の自然観
 大熊孝×関良基
これでいいのか日本の治水
 都市と洪水被害 スーパー堤防頼みからの転換を まさのあつこ
 ダムが洪水被害を大きくする 今本博健
 台風19号が私たちに突き付ける問い 八ッ場ダムを中心に 梶原健嗣
堤防を乗り越えない水害
 タワーマンションの浸水被害はなぜ起こったか 金田ゆき



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533