HP内の目次へ・検索もできます! 『1000%の建築 つづき』 -僕は勘違いしながら生きてきた-

15621号    15623号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15622号 2020年4月18日
『1000%の建築 つづき』
-僕は勘違いしながら生きてきた-
PDF『1000%の建築 つづき』 -僕は勘違いしながら生きてきた-
編集・発行:エクスナレッジ
定価:(本体1,800円+税)B5・4C・160p
978-4-7678-2768-1
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
谷尻誠伝説の一冊が、パワーアップして待望の復刊!
2012年に刊行した『1000%の建築』に糸井さんとの対談を加筆!
寄稿ページも一新、年表も追加しました!!
身近なものの見方をちょっと変えてみる。建築家・谷尻誠は、いつもそんなふうに考えます。それはある意味「勘違い」。しかし、勘違いすることで新しいものが見えてきて、建築の大きな可能性が広がります。この本は、そんな彼の考え方や建築のおもしろさをやさしい語り口と楽しい絵で紹介します。
[目次]
0.はじめに
  勘違いが生まれた部屋
1.勘違いのはじまり
  はじまりは、漫画
  バスケットボール 一見不利なことを有利にする
独立後の勘違い 〜下請けでも提案しちゃう〜
2.勘違いの建築
  右手と左手 無関係な関係性
仕切っているのに仕切っていない
洋服のような建築
ボロかっこいい
完成する建築は飽きがくる。未完成に向かうべき
名前をとる「はじめて考えるときのように」
  廊下が廊下じゃなくなる瞬間
  テーブルがテーブルじゃなくなる瞬間
  大きく感じるものは大きさを測れない(スケールがない)
  自然にスケールを与える。自然を建築化する
  小さいなかに小ささをつくることで大きさを感じさせる
  料理の盛り付けを建物にみたてる
  たためば小さく収まる服の発想を建築に応用する etc…
3.勘違いの未来
  頼まれなくても考えとく
  今やっている仕事が次の仕事を呼ぶ
  うまくなることより、自分にしかできないことを見つける
  仕事は獲るものじゃない、生み出すものだ etc…
[著者プロフィール:谷尻 誠 タニジリ マコト]
建築家/起業家。1974年広島県生まれ。SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.代表取締役。
大阪芸術大学准教授、広島女学院大学客員教授、穴吹デザイン専門学校特任教授。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533