HP内の目次へ・検索もできます! 『Japanese Wood and Carpentry Rustic and Refined』  日本語訳

15571号    15573号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15572号 2020年3月28日
『Japanese Wood and Carpentry Rustic and Refined』『Japanese Wood and Carpentry
Rustic and Refined』

『日本の木と木工』-素朴で洗練された-

冊子版
著:メヒティル・メルツ
発行:海青社
定価:(本体4,800円+税)B5・140p(カラー140p)
978-4-860993672
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
PDF版・ダウンロード版 ※eStoreで販売http://www.kaiseisha-press.ne.jp/estore.pl
著:メヒティル・メルツ
発行:海青社
定価:(本体4,800円+税)B5・140p(カラー140p)
978-4-860997052
日本の宮大工・数寄屋大工・建具屋・大工らの木材利用法を解説(英文)。資料として1876年のフィラデルフィア万国博覧会で披露された「有用木材捷覧」から特に重要な樹種について抜粋して掲載。木工芸についての英語-日本語対照用語集付。
Drawing attention to the wood species used by Japan's carpenters, Japanese Wood and Carpentry, Rustic and Refined, reveals the ingenious ways in which Japanese carpenters exploit the extraordinary diversity of their country's forest resources. Its first part introduces four types of Japanese carpenters temple and shrine carpenters, carpenters of refined teahouses and residences, joiners of doors, windows and screens, and general carpenters and details the wood species used by each. In its second part, the book grants the modern-day reader access to a rare document: the Yuyo Mokuzai Shoran handbook, a guide to Japanese wood species prepared by the Meiji government for the 1876 Philadelphia Exhibition. Full-size facsimiles of thirty-two of the handbook's samples furnish an in-depth look at some of the important wood species used in Japanese architectural construction. Together, the two parts make for an indispensable resource for anyone interested in learning more about Japan’s fascinating ‘culture of wood’.
[目次]
Foreword
Acknowledgments
Notes on Typography
Chronological Table of Japanese Historical Periods
Introduction
Part I Japanese Carpenters and the Wood They Employ
1. Miya-daiku, Temple and Shrine Carpenters
 Large-Diameter Domestic Timber for Temples and Shrines
 Substitutes for Large-Diameter Hinoki Cypress
2. Sukiya-daiku, Carpenters of Refined Teahouses and Residences
Chashitsu
 Finishing Techniques and Materials
 The Tokonoma
 Wood Species of the Katsura Imperial Villa
3. Tateguya, Joiners of Doors, Windows, and Screens
 Techniques and Materials
 Usage of the Outer Shirata Sapwood of Cedar
 Usage of the Inner Akami Heartwood of Cedar
 Fusuma and Byobu Frames: Techniques and Wood Species
 A Tsuitate
4. Daiku, General Carpenters
 The Kamiseya Farmhouse
 A Weaver’s House from the Kiso District
 A Kyoto Machiya
Part II Facsimiles of Thirty-Two Pages from the Yuyo Mokuzai Shoran Handbook
Epilogue
Appendices
 Names of Timber, Trees, and Plants Used in Traditional Japanese Architecture
 Complete List of Woods Mentioned in the Yuyo Mokuzai Shoran Handbook
 Maps of Old Japanese Provinces and Modern Japanese Prefectures
 Glossary
 Bibliography
 Index of Timber and Tree Names
[執筆者紹介]
メヒティル・メルツ (Mechtild MERTZ) ハイデルベルク大学、次にソルボンヌ大学で日本研究と東アジア美術史を専攻。ピエール・エ・マリー・キュリー大学(パリ)で木材の解剖学を学び、国立自然史博物館(パリ)で民族植物学の博士号取得。 15年以上にわたり、京都大学の生存圏研究所(旧木材研究所)で共同研究者として従事。 2018年よりパリの国立科学研究センター(CNRS)の東アジア文明研究センター(CRCAO)研究員。
Mechtild Mertz After having trained as a cabinetmaker in Germany, Mechtild Mertz took courses in Japanese Studies and East Asian Art History, first at the University of Heidelberg and then at the Sorbonne University. She studied wood anatomy at Pierre-et-Marie-Curie University (Paris) and obtained a PhD in ethnobotany at the National Museum of Natural History (Paris). For over fifteen years she has been a Cooperative Researcher at Kyoto University’s Research Institute for Sustainable Humanosphere (formerly the Wood Research Institute). Since 2018 she has been a Researcher specializing in Asian religious wooden sculpture at the East Asian Research Centre (CRCAO) of the National Centre for Scientific Research (CNRS) in Paris.

日本語訳

『日本の木と木工』-素朴で洗練された-
冊子版
著:メヒティル・メルツ 発行:海青社 定価:(本体4,800円+税)B5・140p(カラー140p)
978-4-860993672
PDF版・ダウンロード版 ※eStoreで販売
著:メヒティル・メルツ 発行:海青社 定価:(本体4,800円+税)B5・140p(カラー140p)
978-4-860997052
日本の宮大工・数寄屋大工・建具屋・大工らの木材利用法を解説(英文)。資料として1876年のフィラデルフィア万国博覧会で披露された「有用木材捷覧」から特に重要な樹種について抜粋し木工芸についての英語-日本語対照用語集付。
日本の大工が使用している木材種、日本の木工大工、素朴で洗練された木に注目すると、日本の大工がその驚くべき多様性を利用する独創的な方法が明らかになります国の森林資源。その第1部では、日本の大工の4種類を紹介します。寺院と神社の大工、洗練された茶屋と住居の大工、ドア、窓とスクリーンの建具、一般的な大工、そしてそれぞれが使用する木種の詳細です。第二部では、この本は現代の読者に珍しい文書へのアクセスを許可します:陽陽木西書蘭ハンドブック、1876フィラデルフィア展のために明治政府によって準備された日本の木の種へのガイド。ハンドブックのサンプル32枚の実物大のファクシミリは、日本の建築に使用されている重要な樹種のいくつかを詳細に調べています。この2つの部分が合わさって、日本の魅力的な「木の文化」についてもっと知りたい人にとって、不可欠なリソースになります。
[目次]
序文
謝辞
タイポグラフィ上の注意事項
日本の歴史の期間の年表
はじめに
パートI日本の大工や木材彼ら雇用し
1.宮-大工、寺や神社カーペンターズ
 寺社のための大口径国産材
 大口径ヒノキの置換
2.数寄屋茶屋と住居の
大工茶筒
 仕上げの技法と素材  桂離宮
 の床の間の
樹種
3.戸棚、扉の接合材、窓、網の
 技法と素材
 杉の白田辺材の使用法
 杉
 ふすまと屏風の内側赤穂心材の使い方:技法と木材の種類
 A組曲
4.大工、大工一般的な大工
 神瀬屋農家
 木曽地区の織工の家
 A京都町家
パートII羊毛木材の30ページのファクシミリ松蘭ハンドブック
エピローグ
付録
 伝統的な日本の建築で使用されている木材、木、植物
 の名前羊養木質材に記載されている森の完全なリスト
 古日本地方と現代日本の都道府県の地図
 用語集  木材と木の名前の
 参考文献目録
[執筆者紹介]
メヒティル・メルツ(Mechtild MERTZ)ハイデルベルク大学、次にソルボンヌ大学で日本研究と東アジア美術史を専攻。ピエール・エ・マリー・キュリー大学(パリ)で木材の解剖学を学び、国立自然史博物館(パリ)で民族植物学の博士号取得。15年以上かけて、京都大学の生存圏研究所(旧木材研究所)で共同研究者として従事。2018年よりパリの国立科学研究センター(CNRS)の東アジア文明研究センター(CRCAO)研究員。
MechtildメルツMechtild Mertzは、ドイツで家具職人としての訓練を受けた後、まずハイデルベルク大学で、次にソルボンヌ大学で、日本研究と東アジア美術史のコースを受講しました。彼女はピエールエマリーキュリー大学(パリ)で木材の解剖学を学び、国立自然史博物館(パリ)で民族植物学の博士号を取得しました。15年以上にわたり、彼女は京都大学の持続可能な人間圏研究所(以前は木材研究所)の共同研究者でした。2018年以来、パリの国立科学研究センター(CNRS)の東アジア研究センター(CRCAO)でアジアの宗教木製彫刻を専門とする研究者を務めています。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533