HP内の目次へ・検索もできます! シリーズ 実践土壌学シリーズ5 『土壌環境学』

15470号    15473号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15471号 2020年2月15日
シリーズ 実践土壌学シリーズ5 『土壌環境学』
シリーズ 実践土壌学シリーズ5
『土壌環境学』

著:岡崎正規
発行:朝倉書店
定価:(本体3,600円+税)A5・216p
978-4-254-43575-7
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
地域レベル〜地球レベルまでの環境と土壌との関わりを解説する。
土壌環境学とは:機能,人との関係,資源/低地・都市・里山・山地・急傾斜地/汚染と修復/地球温暖化・乾燥・森林破壊/モニタリングとアセスメント・改善と管理。
[目次]
執筆者一覧
岡崎正規,百瀬年彦,馬場光久,山口紀子,勝見尚也,川東正幸(執筆順)
第1章 土壌環境学とは 〔岡崎正規〕
 1.1 土壌環境学の概念
 1.2 土壌環境学の歴史
第2章 土壌の機能
 2.1 土壌の環境保全機能 〔百瀬年彦〕
 2.2 土壌の埋蔵文化財保存機能 〔岡崎正規〕
第3章 人の営みと土壌―人間と土壌の歴史的かかわり―
 3.1 人類の歴史と土壌 〔百瀬年彦〕
 3.2 食料生産のための土壌 〔岡崎正規〕
 3.3 構造物としての土壌 〔百瀬年彦〕
第4章 資源としての土壌 〔百瀬年彦〕
 4.1 土壌温度と熱の流れ
 4.2 土壌の温度
 4.3 土壌の比熱と熱伝導率
 4.4 熱の流れを制御する取り組み
 4.5 多孔質体としての土壌の中の水の流れ
 4.6 資源としての粘土
 4.7 景観としての土壌
 4.8 健康な生活のための土壌
第5章 低地と都市の土壌 〔馬場光久〕
 5.1 わが国の地形と土壌
 5.2 低地の土壌
 5.3 都市の土壌



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533