HP内の目次へ・検索もできます! 『昭和インテリアスタイル』

15374号    15376号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻15375号 2020年1月13日
『昭和インテリアスタイル』 『昭和インテリアスタイル』

編集・発行:グラフィック社
定価:(本体1,700円+税)B5・160p
978-4-7661-3364-6
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
1950-70年代に作られた名作家具や昭和アイテムは、様々なスタイルのインテリアの潮流の中でも色褪せず定番となり暮らしに溶け込んできた。そんな昭和中期の国内外のインテリアやカルチャーを愛する人が暮らす18の家を取材。中銀カプセルタワー、吉村順三設計の集合住宅、北欧、スペースエイジ、など。 名作家具、ミッドセンチュリー、北欧、スペースエイジ…1950〜70年代の国内外のインテリアを愛する18人の暮らしを紹介。
[目次]
メタボリズム建築の代表作で週末のひとときを楽しむ―関根隆幸
吉村順三建築に美しくなじむ選び抜いたヴィンテージ家具―チダコウイチ・野口アヤ
インテリアの大切なことはすべてミッドセンチュリー期の洋書から―大野哲郎
ミニマリストからの反動 イームズハウスに憧れて―SHINPEI
狂おしいほどの愛をディスプレイ 鮮やかなサイケデリックルーム―佐藤圭介・佐藤由紀子
社会主義時代の雑貨を詰め込んだ東ドイツ的狭小インテリア―イスクラ
和も北欧も南洋も木の質感を軸にした海辺のモンドルーム―コモエスタ八重樫
プラスチック家具を経て昭和と北欧の親和性を謳歌―山下篤史
青い光、白い部屋 1960年代に思い描かれた未来の空間―小川隆・小川ユキヨ
沖縄の外国人住宅をイメージした南国のミッドセンチュリー―伊藤浩平〔ほか〕



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533