HP内の目次へ・検索もできます! 『GA JAPAN 153 中間領域』

13873号    13875号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13874号 2018年6月26日
『GA JAPAN 153 中間領域』
『GA JAPAN 153 中間領域』

編集・発行:A.D.A. EDITA Tokyo
定価:(本体2,333円+税)A4・183p
978-4-87140-952-0
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
作品
川口市めぐりの森・赤山歴史自然公園 伊東豊雄
解説:土へ還る柔らかく湿った建築 伊東豊雄
INSIDE VIEW:型枠設計と採熱杭 藤江航・林盛

信毎メディアガーデン 伊東豊雄
 解説:市民の集いの場となる現代のやぐら 伊東豊雄
富岡市役所 隈研吾
解説:中間的スケールに加算するノイズ 隈研吾

新山口駅北口駅前広場〈0番線〉 プランツアソシエイツ
解説:まちと駅をつなぐ〈0番線〉 宮崎浩

特集 中間領域
妹島和世「中のそれぞれの場所を外に応じてつくる」
隈研吾「〈躰の近傍〉を拡縮する現代的ノイズ」
國分功一郎「建築物を中動態から見ると」
武井誠「建築でしか顕在化しない立体的な境界空間」
藤本壮介「原初的な内外の感覚」
前真之「幸せな空間をつくるには知恵が必要」
佐々木仁「エンヴェロープの次のステップとは」
前田圭介「〈境界〉を越えてつくられる空間の豊かさ」
伊東豊雄「〈建築=自然〉という夢」

PLOT
「(仮称) 齋藤管工業新社屋」
 設計:大西麻貴+百田有希/o+h
 語り手:大西麻貴・百田有希・伊郷光太郎・長柄芳紀
 phase 1 実施設計に至るまで

「ナインアワーズ浅草」編
 設計:平田晃久
 語り手:平田晃久・高田彩実・杉山征利
 phase 1 三つ目のカプセルホテル

連載
立衛散考 西沢立衛(新連載)
エッセイ 地球の景色 22 藤本壮介
Traveling Around The World 「Machu Picchu, Peru」

GA広場
ロボットと人が共働する現場を体感させる カズ米田
3本の仮想軸、12の平面が輻輳する思考 平田晃久
ロボットはコンピュータの夢をかたちにするか?23 アンズスタジオ
「にわ」をまとう在来工法の住宅とは 下吹越武人



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533