HP内の目次へ・検索もできます! 『ゴシックの匠 ウィトルウィウス建築書とルネサンス』

13841号    13843号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13842号 2018年6月14日
『ゴシックの匠 ウィトルウィウス建築書とルネサンス』
『ゴシックの匠 ウィトルウィウス建築書とルネサンス』

著:アンドレアス・グローテ
訳:柳井浩、岩谷秋美
発行:鹿島出版会
定価:(本体3,500円+税)A5・152p
978-4-306046665
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
大聖堂や城郭はいかに建設されたか。ウィトルウィウスの再発見から棟梁の修業と技術、社会制度に至るままで、豊富な図版とともに甦る。ヨーロッパ各地にそびえたつ華麗な大聖堂や壮大な城、堅固な要塞。現代のように高度な技術も機械もそして知識もない、はるか昔のひとびとは、こうした巨大な建築物をどのようにして建設したのでしょうか。誰もが抱く素朴な疑問に対して、同時代の図面や記録を示し具体的に答えたのが、本書です。その内容は、ウィトルウィウスの再発見を端緒として(1〜2章)、中世・ルネサンスにおける棟梁の修行過程や建築術(3〜9章)、社会や組織のシステム(10〜11章)、さらには軍事や測量にまで及びます(12〜13章)。(訳者解題より)
[目次]
1. ウィトルウィウス建築書
2. 中世の建築家
3. 修業の課程
4. 構想図と計画
5. 掘削と請負
6. 地中・水中の基礎
7. 建築開始
8. 運搬と据え付け
9. 小屋組みと他の木材
10. 監督と管理運営
11. 建築法規
12. 築城術と兵器
13. 測量術
14. 棟梁とその依頼人
15. 中世における大工の棟梁



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533