HP内の目次へ・検索もできます! 『コミュニティと共生する地熱利用』 -エネルギー自治のためのプランニングと合意形成-

13823号    13825号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13824号 2018年6月5日
『コミュニティと共生する地熱利用』 -エネルギー自治のためのプランニングと合意形成-
『コミュニティと共生する地熱利用』
-エネルギー自治のためのプランニングと合意形成-

編:諏訪亜紀、柴田裕希、村山武彦
著:江原幸雄、安川香澄、錦澤滋雄、馬場健司、
  木村誠一郎、上地成就、山東晃大、長谷川明子
発行:学芸出版社
定価:(本体2,500円+税)A5・240p
978-4-7615-2678-8
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
規制緩和や技術革新により各地で導入が進む地熱発電。本書は地熱資源の基礎解説に始まり、優れた合意形成で地域と共生する国内事例から、事業化を支える制度設計に踏込む海外事例まで、エネルギー自治の為のプランニング手法を網羅。開発有望地の自治体、温泉事業者、開発業者や研究機関まで、あらゆる当事者に役立つ入門書。
[目次]
序 進化し続ける日本の地熱利用
第1章 いま、なぜ地熱発電か
1.1 エネルギー資源としての地熱
1.2 地熱資源利用の基本的な仕組み
1.3 欠かせないコミュニティづくりと合意形成
第2章 地域の挑戦に見る、持続可能な開発の道筋
2.1 これまでの日本の地熱発電
2.2 制度改革と技術開発
  1 地熱発電を後押しする制度改革と支援策
  2 地熱利用を後押しする技術開発
2.3 事例編T:地域主導の小型地熱開発
  1 小浜温泉バイナリー発電所(長崎県雲仙市)
    ──未利用温泉熱を活用した地域活性化
  2 土湯温泉バイナリー発電所(福島県福島市)
    ──震災復興から域内経済循環へのリーダーシップ
  3 わいた地熱発電所(熊本県阿蘇郡小国町)
    ──合弁会社設立による地域自治の明確化
2.4 事例編U:地域と共生する大型開発
  1 上の岱地熱発電所(秋田県湯沢市)
    ──地元企業と地域の信頼関係が可能にした新規開発
  2 山葵沢地熱発電所計画(秋田県湯沢市) 
    ──地熱開発における環境アセスメントの適用
2.5 事例編V:自治体が主導する大型開発
  1 八丈島地熱発電所(東京都八丈町)
    ──地熱利用により加速する島の持続可能性
  2 自治体が地域とともに創る地熱発電(富山県立山町・大分県九重町・北海道壮瞥町)
第3章 共生に向けたコミュニティづくりの手法
3.1 実践を後押しする制度づくり・人づくり
  1 社会のリスク認知とコミュニケーションの重要性
  2 環境省地熱ガイドラインを越えて
  3 計画の担い手づくり:多様な主体の関与を促す協議会
  4 市民参加と合意形成のプロセス
  5 環境アセスメントを応用したリスクコミュニケーション
3.2 海外のプランニングと合意形成からビジョンを描く
  1 アイスランド
    ──オイルショックから地熱へ。地域社会と共生する地熱利用大国
  2 ニュージーランド
    ──効率的な合意形成を可能にするプランニングシステム
  3 アジア諸国
    ──問われる政府のリーダーシップ
3.3 「地熱立国」へ向けて
  1 人をつくる制度づくり
  2 多様な主体の協働による持続可能な地熱資源利用の実現
あとがき
用語解説



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533