HP内の目次へ・検索もできます! 『強い地元企業をつくる』 -事業承継で生まれ変わった10の実践-

13776号      13778号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13777号 2018年5月17日
『強い地元企業をつくる』 -事業承継で生まれ変わった10の実践-
『強い地元企業をつくる』
-事業承継で生まれ変わった10の実践-

著:慨ASI DESIGN 近藤清人
発行:学芸出版社
定価:(本体2,200円+税)四六・224p
978-4-7615-2677-1
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
いま地方の中小企業は、事業の衰退と世代交代に苦しんでいる。そんななか、ソーシャルマインドを持った若い後継者が、地域資源を活かし、家業を生まれ変わらせ、地元にも貢献する動きがある。本書では、製造業、建設業、酒造業など10の事例を紹介しながら、地元企業の自立を促す承継手法と、地域での連携を明らかにする。
[目次]
1章 地元企業が元気になれば地域も元気になる
 良いものを作っていれば売れる時代は終わった
 地元企業が元気になれば、地域経済は良くなる
 変わってきた地元企業の役割
  変えてはいけないアイデンティティ
 元気な企業の3つの条件
  他人は他人と考えるべき─陥りやすい外部コンサルティングの落とし穴
  現実にある企業の高齢化、後継者の役割
  地元企業の「承継起業」のすすめ─地域資源を活かしたベンチャー
2章 後継者が地元企業を生まれ変わらせる
 「継がなければならなかった」という言い訳を捨てる
  もう一度地域で起業する覚悟で挑む「承継起業」
  地域資源を活かすことで、売上げも地域も同時に良くなる
 地方とデザインの付き合い方
  「衰退する売上げ」と「成長する売上げ」の大きな違い
 再起業のための3つのステージ
 誰かがやってくれるのではない、自分がやる
3章 強みを活かして結果を出す10のケーススタディ
 01 直径100mからのまちづくり 地主が自分たちで高めた地域の価値
   ― DAMAYA COMPANY
 02 顧客と直接つながり販路拡大 空き家問題も解決する
   ― 松岡塗装店
 03 木材の地産地消で山を守り地元の経済を潤す
   ― 渇h建
 04 島の食文化を都心と次世代に伝える食品メーカー
   ― 笈苡繽、店
 05 長期熟成・天然醸造の伝統の醤油造りをデザインで継承する醤油蔵
   ― 大徳醤油
 06 「美味しい食卓」を地域と一体化した酒造りで提案する老舗酒蔵
   ― 田治米合名会社
 07 地域の自然の恵みを活かしたブランディング展開で利益300%増
   ― 銀海酒造
 08 アクティブなライフスタイルを世界に発信する靴下メーカー
   ― 昌和莫大小
 09 地場の竹産業を武器に世界へ発信
   ― 近畿編針
 10 地場産業の若手が創る地域ブランド
   ― 多可播州織ブランドプロジェクト
4章 地元プレイヤーたちの連携
 企業が自ら走れるための連携体制
   ─支援機関、金融機関、コンサルタントとの関係づくり
 新たな連携による承継起業に向けた取組みが始まった
 地元企業こそ地域活性化の根源
インタビュー
 01 多可町商工会 後藤泰樹
 02 但馬信用金庫 宮垣健生
寄稿
 「観光の視点から見た地域の魅力の引き出し方」
 (株)日本旅行/桂 武弘



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533