HP内の目次へ・検索もできます! 『建築設計のための構造力学』 -建築構造技術の基礎-

13629号      13631号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13630号 2018年3月20日
『建築設計のための構造力学』 -建築構造技術の基礎-
『建築設計のための構造力学』
-建築構造技術の基礎-


著:高畠秀雄
発行:鹿島出版会
定価:(本体4,200円+税)B5・368p
978-4-306033856
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
構造力学の持っている潜在的な面白さ設計力学としての役割を建築家に広く伝えることに主眼を置いて纏められた解説書。
本書は、従来の大学課程での構造力学のみにとどまらず、設計するための構造力学(建築家のための設計力学)に主眼を置いて纏められている。内容は多岐にわたるが、本書一冊で構造計算法の大要が理解でき「理論および計算法・考え方」が構造設計に直結する実戦力となるように、適所に例題を設けて、各段階での理解が設計にどのように結び付いているかを丁寧に説明している。第1部では静定構造物の計算を単純明快に解析するためのモデル化と解析法を述べている。第2部では、構造物に外力が作用した際の荷重伝達の仕組みについて記述している。第3部では、応力法の考え方を述べ、高次不静定骨組を解析する方法として、たわみ角法、固定モーメント法を紹介している。第4部では、骨組および部材挙動の評価法について述べ、マトリックス法による骨組構造の解析、骨組の塑性解析法、鉄骨構造の柱および梁に使用する薄肉断面の捩りついて記述している。第5部では、耐震設計法の考え方と問題点について言及している。
[目次]
第1部 静定構造物のモデル化と解析法
第2部 釣合系の断面力学と断面特性
第3部 不静定構造物のモデル化と解析法
第4部 骨組および部材挙動の評価法
第5部 現行耐震設計法の考え方と問題点
付録 マトリックス代数の概説



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533