HP内の目次へ・検索もできます! 『大逆転のHOME嵐』

13537号      13541号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13540号 2018年2月10日
2018年3月上旬刊行!! ご予約下さい!
『大逆転のHOME嵐』
『大逆転のHOME嵐』

著:南雄三
発行:建築技術
定価:(本体2,400円+税)B6・248p
978-4-7677-0157-8
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
家は一生に一度の大きな買い物で,35年の長期ローンでつくる夢のマイホーム。でも,その夢は20年で評価価値はゼロ になり,なんだか詐欺にあったような気持ちになります。それでも,年間90万戸を超える家が新築される一方で,800万戸を超える空家があり,今後ますます増えると予想されてい ます。欧米では,よい環境にある・よい家は価値を落とさず値上がりし,100年も200年も長生きするのが当たり前の常識 です。国は 2020年までにリフォーム市場と中古流通市場を2倍にすると宣言,業界も不動産評価価値の手法の見直しに着手し,日本の常識「新築市場」「スクラップ&ビルド」「20年でタダ」から,欧米の常識「中古流通市場」「メンテ・リフォーム」「価値を維持」に舵を切り始めています。新築市場を中古流通市場に変えると,家づくりの様相は一 変し,業界に嵐が吹き荒れます。そのような中でホームランを打つのは誰なのか? 打たれたのは誰なのか? を紐解ながら、大逆転のHOME嵐の打ち方を伝授します。
[目次]
序章 なんか変な日本
1 章 「なんか変」の理由
2 章 資産価値のない理由
3 章 資産価値の条件
4 章 家づくりの業界
5 章 デザイン
6 章 地場産業としての家づくり
7 章 木造の合理化
8 章 八畳グリッド
9 章 地域住宅工房
10 章 住み替えるということ
11 章 まとめ



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533