HP内の目次へ・検索もできます! 『マンションリフォームマネジメント実務必携 改訂版』

13524号      13526号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13525号 2018年2月5日
『マンションリフォームマネジメント実務必携 改訂版』
『マンションリフォームマネジメント実務必携 改訂版』

編集:公益社団法人住宅リフォーム、紛争処理支援センター
発行:テツアドー出版
定価:(本体4,300円+税)A4・2色・522p
978-4-903476-54-4
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
マンション業務の専門的な知識をまとめ大幅に改定、より充実した内容となった実務者必携本の誕生。本書ではマンションりフォームにおけるマネジメント業務として。基本的に区分所有法に規定される専有部分の工事に関する業務を取り上げている。設備においてはマンション特有の問題があり共用部分と専有部分の区分が必ずしも明快ではなく、実体としてはひと繋がりである。管理組合により、共用部分・専有部分の区分けが異なる実態もある。このようなマンションの設備を扱う上では、共用部分の設備についても十分な理解を持っていることが必須である。また、現実のマネジメント業務の実態は「プレーイングマネジャー」のようなものであり、立場の異なるいろいろな役割を担っている。つまり、時には設計者になったり、設計監理者になったり時には施工管理者仁なったりする。施工管理にしても、時にはコンサルタント寄りの目線で施工管理をし、時には施工者の意見を代弁する。
こうしたことは現実の仕事では、小規模な場合には一人で担当することとなり、組織だってくると宮業・設計・施工などに何人かが職務を分掌している、という理解にもつながる。本書では、これらのことも考盧した実務者向きの記述に努めている。今後、良質のマンションストックが増加していく中で、マンションリフォームがますます促進され。本書が関係各方面で幅広く活用されることを願ってやまない。
[目次]
改訂版の発行にあたって
刊行にあたって
委員名簿
序 章 マンションとマンションリフォーム
序.1 マンションとは
序.2 マンションリフォームとは
第1章 マンションの歴史
1.1 マンション普及の歴史と法制度
1.2 マンションの変遷
第2章  マンションの住戸計画 
2.1  マンションライフとリフォーム
2.2  ライフサイクルと住戸計画
2.3  ライフスタイルと住戸計画
第3章  マンションリフォームのマネジメント
3.1 リフォームの流れとマネジメント
3.2 接客と相談技術
3.3  現地調査の内容
3.4  見積りと契約の内容
3.5  資金計画
3.6  施工管理
第4章  マンションの法律・規約・制度
4.1  マンション特有のルール
4.2  マンションリフォームに関連する法規
第5章  トラブル防止のために
5.1  リフォーム相談の実施状況
5.2  リフォームに関するトラブル事例とその対応
5.3  住宅リフォーム工事にかかわる消費者支援策
第6章  マンション住戸内各部のリフォーム工事
6.1  工事内容と施工上の問題点
6.2  各部のリフォーム
6.3  高齢社会に対応するリフォーム
6.4  健康・省エネリフォーム
6.5  専有部分の地震対策
第7章  マンション設備のリフォーム
7.1  マンション設備の概要
7.2  設備の経年劣化と診断・清掃・修繕
7.3  設備リフォームの実務知識とリフォーム時
第8章  マンションリフォームで求められる図面
8.1  図面作成プロセスの多様さ
8.2  リフォーム段階と作成図面
8.3  段階別作成図面のポイント
8.4  設備図
8.5  プレゼンテーション
8.6  その他
第9章  関連法律資料
9.1  建物の区分所有等に関する法律
9.2  マンション標準管理規約(単棟型)および コメント
9.3  中高層共同住宅使用細則モデル
9.4  マンションの管理の適正化の推進に関する法律
9.5  建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律
9.6  介護保険法(抜粋)
9.7  消費者契約法
9.8  特定商取引に関する法律(抜粋)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533