HP内の目次へ・検索もできます! 『全国五重塔 年代順 図書全集』 -五重塔23基の構造図面-

13392号      13396号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13393号 2017年12月5日
『全国五重塔 年代順 図書全集』 -五重塔23基の構造図面-
『全国五重塔 年代順 図書全集』
-五重塔23基の構造図面-

製作・編集・発行:吉岡正見
定価:(本体5,000円+税)64p・B4
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
元宮大工の著者が全国の五重塔23基を巡り、自らの手で構造図を描いたはじめての年代図書集。五重塔図面のほか、構造のしくみや屋根葺きの断面図、相輪の比較など、宮大工ならではの視点で読み解きます。
『全国五重塔 年代順 図書全集』 -五重塔23基の構造図面-『全国五重塔 年代順 図書全集』 -五重塔23基の構造図面-
五重塔23基の構造図面描く、元宮大工が書籍に印刷用画面を開く。
東寺五重塔の構造図面。宮大工の経験から木材の組み方を細密に示す。大阪府枚方市に住む元宮大工の男性が全国にある五重塔23基の構造図面を描き上げ書籍にまとめた。全て細密な手描きにこだわり、東寺(京都市南区)や醍醐寺(伏見区)をはじめ国宝や国重要文化財も多数取り上げている。
大分県出身の吉岡正見さん(79)。幼い頃から絵を描くのが好きで父親の戦死後15歳で宮大工になった。全国の社寺の建設や修復に携わったが、作業中に左手首のけがが原因で引退。長年の経験を生かし、全国の図書館や行政の担当部署から塔の資料を取り寄せ、2009年から構造図面を描き始めた。
刊行した「全国五重塔年代順図書全集」は青森県弘前市から山口市まで全国の塔を収録した。細さの違う4種類のペンと曲尺(かねじゃく)だけで実物の200分の1の構造図を再現。屋根の湾曲や複雑に組まれた木材をはじめ、柱や瓦も一つずつ緻密に描き込んだ。
現地を訪れた際のスケッチや寺の歴史も添えた。
このほど「ふるさと自費出版大賞」の特別賞に選ばれた吉岡さんは「他の人にはまねできない技術。後世に残したい」と胸を張り「次は奈良の大仏殿の構造図面に挑戦したい」と目標を掲げた。
『全国五重塔 年代順 図書全集』 -五重塔23基の構造図面-



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533