HP内の目次へ・検索もできます! 『上質に暮らす おもてなし住宅のつくり方』

13240号      13242号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13241号 2017年9月24日
『上質に暮らす おもてなし住宅のつくり方』
『上質に暮らす おもてなし住宅のつくり方』

著:関本竜太
発行:エクスナレッジ
定価:(本体2,200円+税) AB・160p
978-4-767823737
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
住宅はただ美しいだけの作品ではなく、毎日を快適に過ごせる家族の器でなければならない。
そのような住宅を実現するためには、設計者による「細やかな気配り=おもてなし」が不可欠である。設計者の配慮と経験の集結ともいえる「おもてなし住宅」は、住まい手の暮らしを豊かに彩り、訪れる人々を温かく迎え入れてくれる。
住まい手に寄り添った住宅設計を数多く手がけ「月刊建築知識」でのディテール連載も好評だったリオタデザイン・関本氏の考える「おもてなし住宅」のつくり方を紹介する一冊です。
[目次]
プランニングから考える
 周囲の環境に左右されないプライベート空間をつくる
 北側に大きく開くことで最高の眺望を手に入れる
 住宅の個性的な表情が街並みをつくる
 どんな敷地でも快適環境はつくれる
 家族は同じ平面で緩やかにつながる
 家族は同じ空間に立体的につながる
 変形地の特性は住宅の個性になる
 外部と全力でつながる
 キッチンは住宅の司令塔
ディテールから考える
 玄関はライフスタイルで決まる
 家族の交流と子どもの空間を考える
 より効果的な吹抜け空間のつくり方
 唯一無二の!?キッチンのつくり方
 リオタ式収納整頓術
 アルミサッシの製作限界を打ち破る
 出窓にするといろんなことが解決する
 木製建具で軽やかな空間をつくる
 プランを左右する階段は住宅の要
 トイレという最小のスペースに最大限の配慮を
 浴室・洗面所は気配り力が試される
 板金外壁をすっきり納める
 湿式ならではの外壁表現を考える
 板金屋根の基本知識を押さえる
 開かれたデッキテラス
 駐車場も住宅の顔の一部です
 設備にも居場所をつくる
 照明は明るすぎず暗すぎず
[著者プロフィール・関本竜太]
1971年埼玉県生まれ、'94年日本大学理工学部建築 学科を卒業し、'99年までエーディーネットワーク 建築研究所に勤務。2000─'01年フィンランドの ヘルシンキ工科大学(現アールト大学)に留学。帰 国後'02年にリオタデザイン設立。建築知識2015 年10月号~2017年3月号にかけて『リオタのディ テール流儀』を連載。住まい手に寄り添い、細やか に配慮した住宅設計に定評がある。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533