HP内の目次へ・検索もできます! 『改訂版 図説 やさしい構造力学』

13200号      13207号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13206号 2017年9月5日
『改訂版 図説 やさしい構造力学』
『改訂版 図説 やさしい構造力学』

著:浅野清昭
発行:学芸出版社
定価:(本体2,700円+税)B5・204p
978-4-7615-2655-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
大好評の入門書、待望の改訂版!〈2色刷で見やすく、練習問題も増補〉
数学や物理が苦手だけど、初めて、あるいはもう一度、構造力学を勉強しなければならない!
そんな人に向けた好評の入門教科書、待望の改訂版。すべてを手描きのイラストで図解し、丁寧な解説を心がけ〈手順〉どおりにやれば誰でも解けるように構成。2色刷でさらに見やすく、二級建築士試験に対応した練習問題も増補した。
各章の特徴
・1章 構造力学を学習するにあたって最低限度必要な算術計算を紹介しています.
 すでに理解されている方は読み飛ばしてください.
・2章〜5章 「力の釣り合い」を主眼において力の基礎から部材に生じる力を解説
 しております.構造力学の基本です。しっかり学習してください.
・6章 部材に生じる力の実戦的解法を紹介しております.本書最大の特徴であり,
 著者が最も力を注いだところです.ぜひ自分のものにしてください.
・7章 特に解法手順を重視し細かく解説しております.トラスをタイプ分けして
 解法を示しているところにも注目してください.
・8章〜11章 力が目に見えるように変形を重視して解説しています.
・12章・13章 基礎知識的内容にとどめて解説しています.1級建築士レベル,
 大学課程の基礎作りに役立ててください.
[目次]
第1章 構造力学に必要な算術計算
1・1 分数
1・2 平方根
1・3 文字を含んだ式
1・4 方程式(xの値を求める)
1・5 連立方程式(2つ以上の未知数を求める)
1・6 相似形
1・7 面積
   練習問題
第2章 力の基礎
2・1 力
   [1]力の表現
   [2]力の符号
   [3]力の効果
   [4]力の単位
2・2 力のモーメント
   [1]力のモーメントとは
   [2]力のモーメントの符号
   [3]力のモーメントの距離の見極め方
2・3 合力
   [1]合力とは
   [2]1点に作用する力の合力
   [3]平行に並ぶ力の合力
2・4 分布荷重
   [1]分布荷重とは
   [2]分布荷重の合力
   練習問題
第3章 力の釣り合い
3・1 力の釣り合いとは
3・2 回転をともなう力の釣り合い
   練習問題
第4章 反力
4・1 構造物の力学モデル
4・2 構造物の支え方
4・3 単純梁の反力
   [1]集中荷重の場合
   [2]分布荷重の場合
   [3]モーメント荷重の場合
4・4 片持ち梁の反力
   [1]集中荷重の場合
   [2]分布荷重の場合
   [3]モーメント荷重の場合
4・5 張り出し梁の反力
4・6 ラーメンの反力
   [1]水平方向の力の場合
   [2]鉛直方向の力の場合
   練習問題

第5章 部材に生じる力(基礎編)
5・1 部材に生じる力の解説
   [1]曲げモーメント
   [2]せん断力
   [3]軸方向力
5・2 単純梁に生じる力
   [1]集中荷重の場合
   [2]分布荷重の場合
   [3]モーメント荷重の場合
5・3 片持ち梁に生じる力
   [1]集中荷重の場合
   [2]分布荷重の場合
   [3]モーメント荷重の場合
5・4 知っていると便利な関係
   [1]曲げモーメント図はせん断変形の形
   [2]せん断力の値は曲げモーメント図の傾き
   [3]力のたし合わせ
   練習問題
第6章 部材に生じる力(実戦編)
6・1 せん断力図を描く方法(矢印図法)
   [1]集中荷重の場合
   [2]分布荷重の場合
   [3]モーメント荷重の場合
6・2 曲げモーメント図の特徴
6・3 曲げモーメント図の描き方(スパナ化法・面積法)
   [1]集中荷重の場合
   [2]分布荷重の場合
   [3]モーメント荷重の場合
6・4 実戦例題
   練習問題
第7章 トラス
7・1 トラスとは
7・2 節点法
7・3 図解法
7・4 切断法
   [1]単純梁型の場合
   [2]片持ち梁型の場合
   練習問題
第8章 断面に関する数量
8・1 図心
8・2 断面2次モーメント
   [1]中立軸に関する断面2次モーメント
   [2]離れた軸に関する断面2次モーメント
   [3]薄肉断面の断面2次モーメント
8・3 断面係数
   練習問題
第9章 応力度
9・1 軸応力度(引張応力度・圧縮応力度)
9・2 曲げ応力度
9・3 せん断応力度
9・4 許容応力度
9・5 許容曲げモーメント
9・6 曲げ応力度と圧縮応力度との組み合わせ
   練習問題
第10章 座屈
10・1 座屈とは
10・2 座屈荷重
   練習問題
第11章 たわみ
11・1 代表的なたわみ
11・2 たわみの求め方
   練習問題
第12章 不静定構造の基礎
12・1 不静定構造とは
12・2 不静定構造の基礎的解法
   練習問題
第13章 塑性解析の基礎
13・1 弾性と塑性
13・2 静定構造の崩壊と全塑性モーメント
   [1]静定構造の崩壊
   [2]全塑性モーメント
13・3 不静定構造の崩壊と崩壊荷重
   [1]不静定構造の崩壊
   [2]崩壊荷重の求め方
13・4 不静定ラーメンの崩壊と保有水平耐力
   練習問題

練習問題の解答 
ちょっと参考メモ 
1)集中荷重の位置と反力との関係
2)ラーメンに生じる下向きの反力
3)曲げモーメント図の段差について
4)3ヒンジラーメンの水平反力の求め方
5)トラスに生じる力 感覚を大切にしよう
6)軸方向力が0になる部材
7)どうしてI=bh3/12なの?
8)縮小模型の応力度
9)曲げモーメントは曲げ応力度の合力
10)倍率問題対策
11)片持ち梁たわみ式δ=Pl3/3EIから柱の水平剛性を求める
12)ピン支点のある場合



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533