HP内の目次へ・検索もできます! 『すみたい東京』

13181号      13185号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13184号 2017年8月25日
刊行予定日・2017年9月13日!!ご予約下さい!!
PDF『すみたい東京』
『すみたい東京』

著:伊藤滋(都市計画家・東大名誉教授・
早大特命教授、1931年生)
発行:近代建築社
定価:(本体3,000円+税)224p・A5
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
1.テーマ:東京が世界の都市間競争を勝ち抜くために居住空間と居住環境をいかによくするべきか。
2.目 的:実現可能な少子・高齢者対策を提案し実際の政策に活かす
3.特 徴:居住空間の質的向上を阻害している建築基準法や都市計画法上の既存規定に対し、
      「民間の立場から」具体的な改正方法を提案していること。
      「居住空間の質を高める8つの提案」(第3章)
      @最低限敷地と建ぺい率
      Aローカルな「容積移転」と「地区計画」
      B「用途地域」の再編成
      C新防火地域基準の木造建物の普及と防火地域の拡大 ほか
      最低限敷地と建蔽率、容積移転と地区計画、用途地域の再編、他
      「生活空間倍増計画」(5つの提案)(第3章)
      @天井高を2m70cmに
      A前面道路を5mに
      B最低限敷地を設定する ほか
本書の背景:
1.本書は伊藤滋氏が座長を務める「2040年+東京都心市街地像研究会」(加盟15社)における2年にわたる研究・議論の成果をまとめたものである。
2.「2040年+東京都心市街地像研究会」での研究・議論の成果は、東京の国際競争力の強化を目的に、東京都心の主にオフィスビルや商業施設を中心とした様々な提案を行い『たたかう東京』(2014年3月)として書籍にまとめられている。[田口昭]
[目次]
第1章「東京の居住空間をもっと大きくしよう」《問題提起》
第2章「東京の居住区間の将来像」《現況分析と将来予測》
第3章「すみたい東京に向けた8つの提案」《法規等改正の提案》
第4章「ゆとりのある住宅地が東京のまちを育む」《具体的提案》
   (*第4章は大和ハウス工業東京都市開発部が担当)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533