HP内の目次へ・検索もできます! 『住み継がれる集落をつくる』 -交流・移住・通いで生き抜く地域-

13171号      13174号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13173号 2017年8月18日
『住み継がれる集落をつくる』 -交流・移住・通いで生き抜く地域-
『住み継がれる集落をつくる』
-交流・移住・通いで生き抜く地域-

著:山崎義人、佐久間康富
発行:学芸出版社
定価:(本体2,400円+税)A5・232p
978-4-7615-2651-1
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
地方消滅が懸念され、地方創生の掛け声のもと人口獲得競争とも取れる状況があるが、誰がどのように地域を住み継いでいくのか、その先の具体的なビジョンは見えにくい。本書は、外部との交流や連携によって地域の暮らし、仕事、コミュニティ、歴史文化、風景を次世代に継承している各地の試みから、生き抜くための方策を探る。
[目次]
1章 どう住まい、いかに継がれていくべきか
2章 地方移住の構造的な変化
3章 空き家を地域で活かす
3-1 「古家」を生かし可能性を見せる─大分県国東市伊美
3-2 行政によらない空き家バンク─福岡市志賀島
3-3 地域に根ざした空き家活用システム─熊本市中緑校区
3-4 NPOによる住み継ぎのサポート─福井県美浜町/鹿児島県南九州市頴娃町
4章 地域外との繋がりで保つ
4-1 「通い」で無住化集落の環境を保つ─兵庫県但馬地域
4-2 季節に応じて移り住む─長野県栄村/北海道旭川市西神楽
4-3 外との繋がりで再興する─新潟県長岡市山古志
4-4 生業・産業が結ぶ再集落化─宮城県石巻市十五浜
4-5 移住者受け入れで保つ集落活動─山梨県早川町
5章 ムラの枠組みをつくりかえる
5-1 空き家の再生事業が集落をひらく─兵庫県篠山市集落丸山
5-2 地域連携で小規模な産地を引き継ぐ─兵庫県神河町
5-3 美しい未来を支援する新たな担い手たち─広島県小佐木島・百島
6章 移住戦略を実行する
6-1 集落を介して移住者を受け入れる─徳島県佐那河内村
6-2 着実に「里帰り」の道筋をつける─和歌山県紀美野町
7章 住み継がれる集落へ



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533