HP内の目次へ・検索もできます! 『中村好文 集いの建築、円いの空間』

13107号      13111号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13110号 2017年7月18日
『中村好文 集いの建築、円いの空間』
『中村好文 集いの建築、円いの空間』

著:中村好文
写真:雨宮秀也
発行:TOTO出版
定価:(本体円+税)菊判(150×220mm)・上製・252p
978-4-88706-366-2
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
人気シリーズ第3弾!
住宅設計のみならず、家具デザイン、文筆活動など、多彩な活動を展開する中村好文氏。
TOTO出版既刊の大好評シリーズ『中村好文 普通の住宅、普通の別荘』(2010年)、『中村好文 小屋から家へ』(2013年)に続き今回は「人びとが集う空間」をまとめています。
中村氏は、自らが「住宅建築家」と名乗る一方で、住宅以外の作品も数多く手がけています。
本書では、ギャラリーやカフェ、レストラン、ショップ等、実際に訪れ、空間を体感できる建築を含む16作品と、建築同様に精力的に手がけてきた多数の展覧会から、厳選の9展覧会を紹介しています。
既刊の2冊と同様、中村氏による手描きの図面やスケッチ、書き下ろしのテキストと、豊富な写真で作品を楽しむことができます。
巻頭には、中村氏に住宅の設計を依頼した小説家・松家仁之氏による寄稿文を掲載しています。長きにわたる交流をとおして感じてきた、氏ならではの視点で、建築家・中村好文について、中村作品の魅力、そしてこれから中村氏へ期待することなどが綴られています。
書籍を片手にぜひ実際に作品を訪れ、「好文スタイル」を体感してほしい、そんな思いを込めた1冊です。
[目次]
まえがき もうひとつの「抽斗」/中村好文
寄稿文 建物の記憶/松家仁之
ミュージアム
伊丹十三記念館
museum as it is
カフェ/レストラン/バー
鹿の舟 囀
えんとつ
PRATIVO
イタリア料理 みたに
RUSTIQUE
福光屋 ひがし
ギャラリー
ギャラリーやなせ
金沢町家改修プロジェクト#1・#2
工房
Boulangerie JIN
南三陸ミシン工房 ※
ホテル/ゲストハウス
新大阪ステーションホテル
能登のゲストハウス ※
休寛荘 ※
展覧会
テーブル展
住宅家具展
暖炉展
素と形展
建築家の流儀 中村好文 仕事の周辺
建築家の流儀 中村好文 仕事の周辺 札幌展
中村好文展 小屋においでよ! TOTOギャラリー・間
中村好文 小屋においでよ! 金沢21世紀美術館
中村好文×横山浩司・奥田忠彦・金澤知之
建築家×家具職人 コラボレーション展
あとがき
作品データ/クレジット/略歴
[プロフィール中村好文 Yoshifumi Nakamura]
建築家・家具デザイナー
1948年千葉県生まれ。武蔵野美術大学建築科卒業。設計事務所勤務の後、都立品川職業訓練所木工科で家具製作を学ぶ。1981年レミングハウス設立。1987年「三谷さんの家」で第1回吉岡賞受賞。1993年「一連の住宅作品」で第18回吉田五十八賞「特別賞」受賞。著書に『住宅巡礼』、『住宅読本』、『意中の建築 上・下巻』(以上新潮社)、『住宅巡礼・ふたたび』(筑摩書房)『中村好文 普通の住宅、普通の別荘』、『中村好文 小屋から家へ』(共にTOTO出版)『暮らしを旅する』(ベストセラーズ)などがある。
[雨宮秀也 Hideya Amemiya]
写真家
1959年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。写真家梅田正明氏に師事後独立。陶器、漆器、家具など生活にかかわるプロダクトを主に撮影。中村好文デザインの家具「PERCH BENCH」を機会に「Lemm Hut」を撮影。そのまま中村建築に魅せられ『中村好文 普通の住宅、普通の別荘』『中村好文 小屋から家へ』(共にTOTO出版)および本書写真を担当。2011年に中村好文設計による自宅兼スタジオが完成。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533