HP内の目次へ・検索もできます! 『鋼構造耐火設計指針 第3版』

13023号      13026号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻13025号 2017年6月10日
『鋼構造耐火設計指針 第3版』
『鋼構造耐火設計指針 第3版』

編集・発行:日本建築学会
定価:(本体5,800円+税)B5・300p
978-4-8189-0641-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
最新の研究成果に基づき,解説の充実とともに本文が多数改定され,論理性の向上と自由度の拡大が達成されたと考える.一方,旧版で課題とされた架構の火災時挙動と区画維持との相関性は,全体架構の崩壊温度に関連する部分で考慮されて評価方法にも反映されたが,未だ課題が多い.また,限界状態設計法への移行を踏まえた設計体系全体の見直しに関しては,火災荷重と火災時耐力のばらつきに関する研究資料が未だ少なく,本版ではその最新研究を紹介するに留まった.次の指針では,ばらつきを考慮した耐火設計法にどこまで移行できるかが改定の焦点になる。
[目次]
1章総則ページ
1.1 目的…………………………………………………………………………………… 1
1.2 適用範囲………………………………………………………………………………… 4
1.3 基本構成………………………………………………………………………………… 5
1.4 留意事項………………………………………………………………………………… 6
1.5 用語…………………………………………………………………………………… 8
2章鋼材
2.1 鋼材の高温有効降伏強度……………………………………………………………… 10
2.2 高温時における鋼材の応力−ひずみ関係…………………………………………… 15
2.3 高力ボルト用鋼材の高温引張強度…………………………………………………… 21
3章荷重
3.1 荷重の種類……………………………………………………………………………… 25
3.2 火災荷重………………………………………………………………………………… 25
3.3 作用荷重………………………………………………………………………………… 40
4章火災性状および部材への加熱条件
4.1 対象とする火災性状とその選択……………………………………………………… 43
4.2 局所火災………………………………………………………………………………… 47
4.3 移動火災………………………………………………………………………………… 75
4.4 区画内全体火災………………………………………………………………………… 79
4.5 開口噴出火炎…………………………………………………………………………… 98
5章火災時における鋼材温度
5.1 鋼材温度の算定方法………………………………………………………………………109
5.2 無耐火被覆部材……………………………………………………………………………109
5.3 耐火被覆部材………………………………………………………………………………118
6章架構の崩壊温度
6.1 概要…………………………………………………………………………………128
6.2 崩壊温度算定の概要……………………………………………………………………129
6.3 ラーメンの基本崩壊温度………………………………………………………………133
6.4 ブレース付き架構の基本崩壊温度……………………………………………………139
6.5 高温クリープの影響……………………………………………………………………147
6.6 柱の座屈をともなう架構の崩壊温度…………………………………………………154
6.7 柱の局部座屈をともなう架構の崩壊温度……………………………………………163
6.8 全体架構の崩壊温度に与える応力再配分の影響……………………………………176
6.9 梁崩壊型架構の崩壊温度………………………………………………………………191
6.10 合成梁の火災時終局耐力………………………………………………………………196
6.11 高力ボルト摩擦接合継手を有する架構の崩壊温度…………………………………202
6.12 溶接継手の高温強度……………………………………………………………………214
7章耐火設計例
7.1 概要…………………………………………………………………………………221
7.2 建物概要…………………………………………………………………………………221
7.3 基本計画…………………………………………………………………………………221
7.4 部材,荷重および柱軸力………………………………………………………………225
7.5 火災性状…………………………………………………………………………………227
7.6 鋼材温度…………………………………………………………………………………244
7.7 崩壊温度算定……………………………………………………………………………249
7.8 架構の構造安定性………………………………………………………………………252
7.9 周辺架構の応力再配分を利用した崩壊温度の算定…………………………………253
7.10 梁のせん断破壊を??慮した崩壊温度の算定…………………………………………254
7.11 合成梁の崩壊温度の算定………………………………………………………………255
7.12 梁における高力ボルト継手の耐火設計例……………………………………………256
付録
付1 建築構造用炭素鋼管の高温降伏強度…………………………………………………261
付2 外部火災…………………………………………………………………………………263
付3 耐火被覆材等の熱物性値………………………………………………………………272
付4 床スラブの高温耐力評価法……………………………………………………………280
付5 鋼材の高温降伏強度にばらつきを有する場合の架構の崩壊温度…………………285
付6 本指針とEC3およびAISCとの比較……………………………………………………288
付7 記号…………………………………………………………………………………293



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533