HP内の目次へ・検索もできます! 『狭小地3・4・5階建て住宅の設計法』

12807号      12809号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12808号 2017年3月9日
『狭小地3・4・5階建て住宅の設計法』
『狭小地3・4・5階建て住宅の設計法』

著:大戸浩、森川貴史
発行:学芸出版社
定価:(本体3,500円+税) 143p・26p
978-4-7615-3219-2
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
法規、構造、デザイン、施工のポイントを50のキーワードで解説。多数の事例をもとに、制約の多い都市狭小地住宅設計のノウハウを大公開。
二世帯居住、都心居住が注目される今、特殊条件が多い都心の狭小地でいかに設計施工を行うか。本書は、法規制、構造の制約、耐震・耐火への対応や環境設備面の工夫、施工時に配慮すべき点など、狭小地中層住宅設計のノウハウを50のキーワードで網羅。多数の写真と事例により木造・鉄骨・RC造それぞれのポイントを解説する。
[目次]
第1章 都市型住宅としての狭小地3・4・5階建て住宅
   (都心の魅力再発見都市型住宅のスタイル ほか)
第2章 設計のルールとポイント―狭小地住宅 設計かつ工事完成までのフロー図
   (準備段階の要点基本的条件の整理 ほか)
第3章 設計事例
   (4階LDKと屋上がつながる住宅 Sb-HOUSE運河に面した3世帯大家族の住宅 KI-HOUSE ほか)
第4章 完成までのプロセス
   (狭小間口の鉄骨造5階建て2世帯住宅 TG-HOUSE)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533