HP内の目次へ・検索もできます! 『都市計画変革論』  -ポスト都市化時代の始まり-

12747号      12749号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12748号 2017年2月12日
『都市計画変革論』  -ポスト都市化時代の始まり-
『都市計画変革論』
-ポスト都市化時代の始まり-

著:小林敬一
発行:鹿島出版会
定価:(本体2,700円+税)A5・192p
978-4-306-07331-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
都市の成長・変化に対応すべく新たな都市をつくりだすために、ポスト都市化時代の都市計画をどうするのかを考察する。
[目次]
はじめに
T:都市計画は変革しなければならない
  1章:マスタープランの困難 
 2章:物的計画型のマスタープラン、そのモデルの誕生 
 3章:市町村マスタープランへの期待 
 4章:合意依拠型のマスタープラン 
 5章:中心市街地活性化に対応できない 
 6章:立地適正化計画に対する懸念と期待 
 7章:都市計画の変革の必要性とその方向
II:都市計画をとりまく状況や考え方の大きな変化
 8章:ポスト都市化時代という時代の課題 
 9章:できあがった都市と新たな都市観 
 10章:都市計画を支える現実的課題と開発利益 
 11章:都市計画を支える理念的課題と理想 
 12章:漸進主義とマネジメントという新たな計画観 
 13章:生活空間の対話的構造と計画的アプローチ
III:新たな都市計画像のラフスケッチ
 14章:イノベーティブな都市計画への進化
 15章:めざすべきものは何か



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533