HP内の目次へ・検索もできます! 『すまい再発見 世界と日本の珠玉の住宅76』

12741号      12745号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12744号 2017年2月12日
『すまい再発見 世界と日本の珠玉の住宅76』
『すまい再発見 世界と日本の珠玉の住宅76』

著:住総研
発行:建築資料研究社
定価:(本体2,300円+税)A5・303p
978-4-86358-488-4
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
建築家、研究者、そして住まい手が選んだ、近・現代の「正統派住宅」たち。通巻100号を迎えた住総研機関誌『すまいろん』の名連載記事を、完全収録。
[目次]
正統住宅建築の再発見 大月敏雄
第一章 海外・戸建住宅
 01 私・見・・・・そのさきのジョン・ソーン自邸 古暮和歌子
 02 セーラムの松木文恭邸 日本趣味を体現した住宅 田中厚子
 03 アムステルダム派の別荘地 パーク・メルヴァイク 片山和俊
 04 シンドラー邸
 住スタイルに対する自由な発想と挑戦的な構法 松村秀一
 05 エリエル・サーリネンハウス アメリカの中の北欧
   岸健太&トーマス・コン
 06 ジャン・プルーヴェの『ムードンの森の住宅』早すぎた〈建設家〉精神
   松村秀一
 07 アメリカの草の根の住居に見たもの オゥジュル・デュイ/USA特集・1967
   益子義弘
第二章 海外・集合住宅
 08 上海旧式里弄住宅
   伝統的な住形式を残しながら、豊かな生活を包み込んだ低層高密居住
   片山和俊
 09 フリッチュベッグ街の集合住宅 P・メーベスの先駆的な探究
   服部岑生
 10 スパンゲン集合住宅
   ユストゥス・ファン・エッフェン・ブロック
   約半世紀を経て再発見された複合的な「場」の感覚をもつ集住体
   矢代真己
 11 ブルーノ・タウトの色彩輝くジードルンク
   ベルリン郊外ツェーレンドルフ団地 長谷川堯
 12 都市の集住体としてのカレッジ イェール大学キャンパスの学寮
   田中友章
 13 マルセイユのユニテ・ダビタシオン
   コルビュジェの垂直の田園都市を、私たちは乗り超えることができたのか
   田光雄
 14 タピオラのテラスハウスの齢の刻み方 The Kontiontie row houses
   野城智也
 15 ロミオとジュリエット
   ハンス・シャローンの ROMEO and JULIET
   建築家のロマンとエネルギー 黒沢秀行
 16 パーク・ヒル 初代デッキアクセスの現状 黒野弘靖
 17 生活スタイルとしての外部空間 グラーツの集合住宅 児島理志
 18 ストリート、テラスハウス、パーク、テイー
   ロンドンにおけるライフスタイルをもとにした住まいのあり方
   福井裕司
第三章 国内・戸建住宅
 19 琉球の民家 不思議の楽園を発見した探検家たち 安藤邦廣
 20 旧神戸ユニオン教会再生とフロインドリーブ家の想い
   阪神・淡路大震災で被災した二つの建物の物語 岡本宏
 21 阿蘇/孤風院
   建築再生の玉手箱 ワークショップの報告
   村上明 監修・木島千嘉
 22 「旧清水邸書院」復元 100年の時を超え蘇る 関雅也
 23 住民主体で守る蒲原宿の暮らしと文化、町並みを受け継ぐ
   旧五十嵐邸を舞台とする二つの住民活動 三浦卓也
 24 谷中・カヤバ珈琲店の復活 まちと店と人々の物語の再生と創造
   椎原晶子
 25 旧・平櫛田中邸の現在
   多くの画家・文人たちが愛した上野桜木に残る大正期アトリエ付住宅
   鞍懸章乃
 26 売却寸前に助け出された大正八年の邸宅
   文京区千駄木、旧安田楠雄邸の保存活用の実践 仰木ひろみ
 27 旧日高邸(現小山家住宅)
   大正十一年竣工、和洋折衷様式、住宅街としての宝塚のイメージの原型と評される日高胖の自邸 山形政昭
 28 本野邸 本野精吾 1924
   ヨーロッパの近代建築運動と同じ時代を日本で生きた建築家の軌跡 石崎順一
 29 近隣住民の心に残るトトロの住む家
   焼失した「旧近藤邸」の歴史と保存をめぐる物語 大嶋信道
 30 近代住宅と和洋折衷 武田五一の西尾家住宅離れにみる和洋の融合への模索
   足立裕司
 31 村の娯楽場は生きていた
   農村を楽しく働き生活を守っていく場として今和次郎が設計した旧大越娯楽場
   荻原正三
 32 昭和住宅史を物語る鈴木信太郎旧居(鈴木成文邸)
   移築・増改築を経て、暮らしの軌跡が残る三棟の住まい 光井渉
 33 藤井厚二の聴竹居 「癒し」の立場から、その計画論を再考する 服部岑生
 34 本野精吾の旧鶴巻邸 モダニズムへの試行錯誤 笠原一人
 35 今井兼次の自邸
   快活な家、近代感覚の豊かな家、それでいて日本の住を忘れまいとした家
   今井兼介
 36 田上義也と札幌のモダン住宅
   ライトへの傾倒から、やがて独自の雪国的造形へ向かった建築家の仕事
   角幸博
 37 小林古径邸の記
   吉田五十八設計、岡村仁三施工の住まいを故郷へ移す 宮本忠長
 38 清水組が建てた政治家の別邸「旧松本烝治邸」
   鎌倉山住宅地の創成期を語る名邸宅 赤松加寿江
 39 坂倉準三 国内処女作のモダニズム住宅
   旧飯箸邸記録と保存の会の調査をもとに 瀧川公策
 40 前川國男邸 若いうちにこの住まいを見よ 奥平耕造
 41 ソコニーハウス(スタンダード石油会社社宅)
   敗戦直後の物資のない時代に実現した、建築の原型の理想形
   内田祥士
 42 二つのすまいろん コアのあるH氏の住まい/街と建築
   増沢幸尋
 43 諸井邸 山脇巌による豊かな戦後邸宅 倉方俊輔
 44 池辺陽 もうひとつの最小限住宅
   細心の設計と監理で築50年を迎える我が住まい 伊藤喜久
 45 生田勉と「栗の木のある家」 山下泉
 46 吉阪隆正先生の作品の中で育つ
   使うことを熟慮してちりばめられた設計の妙にひたって 浦環
 47 一枚のモンドリアン
   幸運を支えるには、不運の時にも増して大きな勇氣が必要である−
   ラ・ロッシュフーコー 上小沢敏博
 48 吉村順三の「軽井沢の山荘」を見て 服部岑生
 49 すまい/サニーボックス
   居間の問題は果たして解決されたか 藤木忠善
 50 20年を経たパッシブハウス つくばの我が家の「持続可能力」
   小玉祐一郎
 51 住まいのトータルエナジー
   川合健二のエネルギー思想とコルゲート住宅に魅せられて 真木兼男
第四章 国内・集合住宅
 52 写真によるすまい再発見 福島県南会津郡下郷町大内の場合
   相沢韶男
 53 曙ハウス 建物の解体とブログ(Weblog) m-louis(丸井隆人)
 54 もう一つの集合住宅の祖型としての旧東京市営古石場住宅
   東京都江東区古石場二丁目 内田青蔵
 55 船場ビルディング 生き続ける近代建築 北浦千尋
 56 求道学舎
   武田五一設計・大正15年築の、信仰に生きる学生たちの共同生活の場
   近角真一
 57 「瀧」と「渓流」のあった東光園アパート
   昭和初期の異色の木造集合住宅 大月敏雄
 58 同潤会猿江アパート 小林秀樹
 59 働く女たちの都市型住宅
   同潤会大塚女子アパートメントハウス 渡邉喜代美
 60 昭和初期から住み替えが続く長屋
   町に暮らすプロセスとともに 西河哲也
 61 都心居住と銀座アパート(現・奥野ビル)
   生き続ける近代建築 岡本哲志
 62 都営高輪アパート
   戦後の窮乏期に建設された集合住宅が指し示すもの 小柳津醇一
 63 はじめての団地「公営住宅古市団地」
   近代の見直しの中の先駆の運命 服部岑生
 64 欧米・近代主義の模倣にあらず、日本の伝統習慣を団地に継承
   多様多彩な技術者集団で誕生した公団住宅 小畑晴治
 65 晴海アパート
   将来を見通した性能を秘めながら、活用されずに使命を終える公団初の高層アパート 志岐祐一
 66 人と建物の幸せな関係を考える
   進化し続ける博多のビンテージビル・冷泉荘から見えるもの
   梶原あき、吉原勝己
 67 高根台団地 佐々木克憲
 68 ビラ・ビアンカ
   入念に練られた最初期の区分所有マンション 清田育男
 69 環境と入居者ニーズを優先した分譲マンション
   コープオリンピアを今思う 仙石忠重
 70 パイロットハウス 集合住宅の技術展覧会 陶守奈津子
 71 中銀カプセルタワービル 45年後のメタボリズム いしまるあきこ
 72 〈新たな魅力ある郊外居住のあり方〉とコーポラティブハウス柿生
   澤田初穂
 73 南行徳ファミリオ 木造・枠組壁工法・タウンハウス 小柳津醇一
 74 17 homes [OHP no.3]
   目黒区に建つ草創期のコーポラティブ住宅 三井所清史
 75 名古屋市千種台地区の再整備
   住民とC・アレグザンダーの提案 西郷裕之
 76 集合住宅歴史館 昭和30年代の集合住宅と再会する 志岐祐一
   建物リスト/所在地マップ
おわりに
   「すまい再発見」への想い 片山和俊



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533