HP内の目次へ・検索もできます! 『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』 -交通・商業・都市政策を読み解く-

12567号      12569号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12568号 2016年11月25日
『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』 -交通・商業・都市政策を読み解く-
『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』
-交通・商業・都市政策を読み解く-

著:ヴァンソン藤井友実、宇都宮浄人
発行:学芸出版社
定価:(本体2,300円+税) A5・203p
978-4-7615-2636-8
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
日本と同じくクルマ社会で、郊外には巨大なショッピングモールがあるのに、なぜフランスの地方都市の中心市街地は活気に溢れ、魅力的なのか。「駐車場と化した広場」から「歩いて楽しいまちなか」への変化の背景にある、歩行者優先の交通政策、中心市街地と郊外を共存させる商業政策、スプロールを防ぐ都市政策を読み解く。
※藻谷浩介氏(『里山資本主義』『和の国富論』)推薦!
「それってフランスの話だろ?」などと言わず、この本が、綿密な分析により、圧倒的な説得力をもって示す「事実」から真摯に学ぼう。「ここに日本の地方都市の近未来がある」と気付いたとき心に希望の灯が点る。
[目次]
はじめに
1章 日本とフランス、地方都市の今
 1 日本の地方都市の現状
 2 フランス地方都市の元気なまちなか
2章 「賑わう地方都市のまちなか」ができるまで
3章 「歩いて暮らせるまち」を実現する交通政策
 1 歩行者優先のまちづくり
 2 自転車政策
 3 バスの活用
 4 トラムとトラムトレインの導入
 5 都市とクルマ
 6 都市交通計画を支えるしくみ
 7 誰のための交通か?
・元ストラスブール市長へのインタビュー
4章 中心市街地商業が郊外大型店と共存するしくみ
 1 フランスの商業調整制度
 2 あらゆる人にとって中心市街地を魅力的にする取り組み
・アンジェ市中心市街地活性化担当官へのインタビュー
5章 「コンパクトシティ」を後押しする都市政策
 1 商業・交通政策と連携する都市計画
 2 都市の拡散を防ぐ住宅政策
・アンジェ都市圏共同体副議長へのインタビュー
 3 住宅開発企画の実際
・ソデメル機構担当者へのインタビュー
 4 マスターアーバニストの役割
・マスターアーバニストへのインタビュー
6章 社会で合意したことを実現する政治
 1 自治体の広報戦略と市民参加・合意形成
 2 アンジェ都市圏共同体の商店への対策と工事中の補填
・ミッション・トラム局長へのインタビュー
 3 工事中の駐車対策
・アンジェ市最大の商店街組合会長へのインタビュー
 4 フランスではなぜ自治体がイニシアティブを発揮できるのか
・アンジェ都市圏共同体議長・アンジェ市長へのインタビュー
7章 フランスから何を学ぶか
 1 フランスから学ぶべき戦略
 2 日本が採るべき具体的な戦術
おわりに



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533