HP内の目次へ・検索もできます! ■『住まいの3D しくみ図鑑 木造住宅の納まりが立体的に分かる新しい詳細図集』 ▲『3D間取りの教科書』

12469号      12471号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12470号 2016年10月3日
■『住まいの3D しくみ図鑑 木造住宅の納まりが立体的に分かる新しい詳細図集』
『住まいの3D しくみ図鑑
木造住宅の納まりが立体的に分かる新しい詳細図集』

編集・発行:エクスナレッジ
定価:(本体2,600円+税)A4・127p
978-4-7678-2169-6
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
納まりを検討する際、「下地はどうなっているのか?」「柱や梁などと取り合う部分はどう納めればいいのか?」といった疑問は誰しもが抱いたことがあるはず。本書は、構造躯体と下地、仕上げがそれぞれどのように絡み、ディテールとして成立しているのかが理解できるよう、主要な図面をパースに起こして解説した新しいタイプの詳細図集です。部材が透けて見えるようにすることで、これまでなかなか理解できなかった複雑な取り合いが一目で分かるようになっています。誌面では、多くの設計者が悩みがちな疑問を部屋・部位ごとにピックアップし、Q&A形式で解説しています。この1冊でいままでの悩みが一気に解決すること間違いなしです。
[目次]
(Q&Aの構成)
【LDK・諸室・開口部】
Q. 開放的な大開口を設けるには?
Q. コーナーの開口部をすっきり見せるには?
Q. 開口部の枠を隠すには?
Q. 出窓をすっきり見せるには?
Q. 垂れ壁なしで引戸を納めるには?
Q. 引戸の戸袋を目立たせない方法とは?
Q. 畳とフローリングをフラットに納めるには?
Q. 造作家具を浮いたように見せるには?
Q. 住宅密集地で十分な採光を得るには?
Q. 木造で大スパンを飛ばすには?
【階段】
Q. 階段の納まりで知っておくべき基本&応用テクニックとは?
Q. 1本の力桁で段板を支えてすっきり見せるには?
Q. 木造で片持ち階段をつくるには?
Q. 鉄骨階段で軽快さを演出する方法は?
Q. 安定性とデザインを両立させた手摺とは?
Q. 階段下のスペースを活用するには?
【浴室】
Q. 在来浴室に変化が欲しい。どんなことができる?
Q. 上階に在来浴室をつくるには?
Q. 長期優良住宅に適合する在来浴室をつくるには?
Q. 美しい浴室を支える防水のテクニックとは?
Q. トラブルを予防するハーフユニットバスの納め方とは?
【玄関】
Q. 敷地の高低差を玄関で吸収する方法とは?
Q. 高い位置に玄関をつくるには?
Q. ポーチから玄関土間までフラットにつなぐには?
Q. 上り框のバリエーション、どんなものがある?
【バルコニー・デッキ】
Q. バルコニー形式ごとの防水のポイントは?
Q. バルコニーと居室の床レベルをそろえるには?
Q. デッキ・縁側をすっきり見せるには?
【屋根・庇・軒天井】
Q. 出の大きな庇をつくる方法は?
Q. 内外の天井を連続させて空間に一体感をもたせるには?
Q. 大きく出した軒先を美しく見せるには?
Q. 屋根と外壁を同材で仕上げて一体にする方法とは?
Q. 片流れ屋根で屋根裏空間を活用する方法とは?
Q. 陸屋根を安全に、美しくつくるには?
Q. 下屋の通気を簡単かつ安全にとる方法とは?
Q. 薄くて強い庇をつくる方法とは?
【建物の形状】
Q. 床レベルを基礎天端より下に設けるには?
Q. 切妻屋根の小屋裏を活用するには?
Q. 2階の一部を大きく美しく持ち出すには?
Q. ビルトインカーポートを効率よくつくるには?
Q. スキップフロアをより美しく見せる方法とは?

▲『3D間取りの教科書』
▲『3D間取りの教科書』

著:建築家住宅の会
発行:エクスナレッジ
定価:(本体2,600円+税)163p・30p
978-4-7678-2162-7
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
3D間取りの空間の質を左右する間取りの工夫が立体的に分かる。新感覚の間取り集。
家族構成や生活パターン、敷地形状などによって、様々な可能性のある間取りの計画。
「魅力的な間取り」は平面で考えるだけではなく、高さや奥行き方向の関係性も含めて考えることで生まれるのではないか―。本書では、魅力的な間取りを生み出す間取りのルールを、立体イラストを用い、実例を交えて解説する。普段は平面で考えることの多い間取りの計画を、空間の質を左右する高さや奥行き方向の関係性まで含めて立体的に捉えることで、新たな間取りの構成を発見できる。
[目次]
1章 境界を間取る 広がり感 抜け 奥行き感 重なり 間(あいだ)
2章 動きを間取る 動き たまり
3章 彩りを間取る 光・影 暖・涼



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533