HP内の目次へ・検索もできます! 『図解 ここが見どころ!古建築』

12399号      12403号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12402号 2016年9月1日
『図解 ここが見どころ!古建築』
『図解 ここが見どころ!古建築』

著:妻木靖延
発行:学芸出版社
定価:(本体2,000円+税)A5・124p
978-4-7615-2626-9
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
春日大社、法隆寺、桂離宮…誰もがその名を知っている古建築の「見どころ」だけを、時代の流れにそって、完全図解。専門用語にはすべて振り仮名を付し、実際の見学の順番に沿って解説しているので建物の特徴と「意味」が具体的に学べる。「見どころ」がわかれば楽しさ倍増。本書を片手に、もう一度、古建築を見に行こう!
[目次]
はじめに
【神社1住吉造】住吉大社本殿 切妻屋根の直線美
ポイント 住吉造は背面から見るとよくわかる
見どころ1 直線を強調した屋根
見どころ2 神明造・大社造との共通点と違い
見どころ3 大嘗宮・寝殿造との共通点
◆神社のはじまりはお米の倉庫?
【神社2春日造】春日大社本殿 「反り」に見る仏教建築の影響
ポイント 妻入一間社の前面に庇をつけた春日造
見どころ1 反りのある屋根と庇
見どころ2 お神輿を思わせる構造
見どころ3 境内の若宮神社も必見
◆各地にある春日造の神社
【神社3流造】上賀茂神社本殿 片側に延びた屋根がつくる人の空間
ポイント 片方の屋根が流れるように延びた流造
見どころ1 身舎と庇部分の違いに注目
見どころ2 下鴨神社との違い
◆本殿周辺も必見
【神社4日吉造】日吉大社本殿 三方に出た庇と神仏習合の影響
見どころ 本殿の三方に庇がついた日吉造
◆本殿が二つに分かれた八幡造
【神社5八坂造】八坂神社本堂 神と人の空間の一体化
見どころ 本殿と礼堂が一体になっている
◆神の空間と人の空間が一体化していく過程
【寺院1飛鳥様式】法隆寺西院伽藍 仏の教えを運んだ雲形の組物
ポイント 後の「和様」につながる飛鳥様式
見どころ1 軒下を見れば飛鳥様式がわかる
見どころ2 最も飛鳥様式の特徴が揃う金堂
見どころ3 鎌倉時代の大工が適当に?改造した回廊
◆伽藍配置の変遷―重点は塔から金堂へ
【寺院2和様】興福寺五重塔 三手先組物の典型
ポイント 「和様」にもいろいろある
見どころ1 柱の上に「組物」、梁の上に「間斗束・蟇股」がある
見どころ2 柱を「長押」で連結
見どころ3 垂木と「野屋根」
◆平安時代の和様の展開
【寺院3大仏様】東大寺南大門・大仏殿 挿肘木がつくる力強いデザイン
ポイント 純粋な大仏様を伝える南大門
見どころ1 柱に穴を開けて貫・肘木を通している
見どころ2 和様とは異なる垂木の使い方
見どころ3 大仏殿は純粋な大仏様ではない
◆純粋な大仏様を伝える浄土寺浄土堂
【寺院4禅宗様】大徳寺三門・仏殿・法堂 曲線の多用と密集する組物
ポイント 宋から導入された当時最先端の建築様式
見どころ1 細い柱・梁と軒下に密集する組物
見どころ2 曲線を強調したデザイン
見どころ3 反った屋根と詰組が壮観な三門・仏殿・法堂
◆部位別!和様・大仏様・禅宗様の違い
【寺院5折衷様】鶴林寺本堂 様式美のカオス
ポイント 和様を基本に大仏様・禅宗様の要素が混在
見どころ1 和様に大仏様・禅宗様が混じる本堂
見どころ2 様式の混在が極まった外陣
見どころ3 ほぼ禅宗様の厨子
◆双堂から本堂へ
【書院造】西本願寺書院 格式を表現する天井・欄間・座敷飾
ポイント 武士が格式を表現する儀式の場
見どころ1 部屋ごとに格式がある
見どころ2 三段に区分された対面所
見どころ3 欄間の様式で空間に差がある
◆西本願寺と並ぶ書院造の最高峰・二条城二の丸御殿
【数寄屋風書院造】桂離宮御殿群 格式・規格を排した自由なディテール
ポイント 格式・規格を排した数寄屋
見どころ1 時代順に数寄屋の要素を強める三つの書院
見どころ2 天下の三棚―桂棚・霞棚・醍醐棚
◆修学院離宮の数奇屋建築
【茶室】曼殊院小書院・八窓軒茶室 数寄の精神を伝える茶室建築の典型
ポイント 自由な精神による茶の空間
見どころ1 「小さな桂離宮」と呼ばれる住宅
見どころ2 小書院と八窓軒茶室のディテール
◆遊びの気分に満ちた茶屋建築―高台寺傘亭・時雨亭
おわりに
[著者プロフィール妻木靖延(つまき やすのぶ)]
妻木建築設計事務所所長。大阪ガスリフォームコンサルタントスタッフ。京都林泉協会理事。
1935年生まれ。1957年大阪工業大学第一工学部建築学科卒業。坂倉準三建築研究所所員、妻木椅子工場経営を経て、1967年妻木建築設計事務所を開設。1986年、大阪ガスリフォームコンサルタントスタッフとなり、リフォーム教育を一手に手がけ、現在に至る。この間、大阪工業大学高等学校建築科、摂南大学工学部建築学科、武庫川女子大学生活環境学科他の非常勤講師を定年まで勤めた他、松下電工株式会社宣伝部アドバイザー、松下電器産業株式会社HA事業部建築関係のアドバイザーを務める。また、庭園と縁の関係に着目し、建築家故西澤文隆とともに、20年余りにわたり庭園実測を行った。
著書に『新訂日本建築』(学芸出版社)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533