HP内の目次へ・検索もできます! 『建築知識 2016年8月号』 -特集:プロとして恥をかかないための最新住宅設備の超実践ガイド-

12337号      12339号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12338号 2016年7月18日
『建築知識 2016年8月号』 -特集:プロとして恥をかかないための最新住宅設備の超実践ガイド-
『建築知識 2016年8月号』
-特集:プロとして恥をかかないための
最新住宅設備の超実践ガイド-


編集・発行:エクスナレッジ
定価:(本体1,556円+税)B5・150p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
本特集では、給排水、空調換気、電気通信に関する基礎知識から、4K放送や太陽光発電の最新情報まで、すべてをビジュアルに解説。ゲリラ豪雨に対する雨水排水の考え方や、建築主からの要望が増えているセキュリティ、オーディオシステムなどもピックアップ。
現場監理のチェックポイントもイラストでしっかり解説。住宅設備の要点が詰まった1冊。
[目次]
特集:プロとして恥をかかないための最新住宅設備の超実践ガイド
1章 最新設備情報
 日進月歩の省エネ設備、乗り遅れないために
 種類が多い床暖房。サクッと選びたい
 いまさら聞けない、太陽光発電の最新情報
2章 事前に調査しておくこと
 現地に行く前に、まず役所チェック
 上・下水道のカンドコロ
 現地調査は台帳と照らし合わせて確認
 設備計画は、建築主への確認・説明不足がクレームに
3章 計画時に決めること
 給水は口径と法式から決めていこう
 雨水排水はゲリラ豪雨にも対応できる余裕を確保
 航海しない給湯器の選び方
 引渡し後にクレームを受けない室外機の設置方法
 冷暖房いろいろあるけれどどう選ぶ
 エアコンの隠し方にもルールがあります
 悩ましい配管ルートは盲点をさがせ
 電力の引込み方式は電力自由化後も変わらず
 宅内LANは今後の変化を見越して計画する
 照明計画の基本はLEDベースで考える
 スイッチ・コンセントにも適材適所がある
 進化する防犯・防災設備で安心安全の住宅を
 基礎・スラブ・梁の貫通ルール
 ほか
4章 監理で押さえるポイント
 「うっかり」をなくす給排水設備鉄板監理マニュアル
 「うっかり」をなくす空調・換気設備鉄板監理マニュアル
 「うっかり」をなくす電気設備鉄板監理マニュアル
 設備記号早見表
 設備の配管・配線に使用される部材



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533