HP内の目次へ・検索もできます! 『ローカルメディアのつくりかた』 -人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通-

12289号      



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12292号 2016年6月22日
『ローカルメディアのつくりかた』 -人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通-
『ローカルメディアのつくりかた』
-人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通-

著:影山裕樹
発行学芸出版社
定価:(本体2,000円+税)四六・204p
978-4-7615-1362-7
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
鈴木菜央さん(greenz.jp編集長)推薦!!
「笑って泣いてつながって……面白すぎるよローカルメディア!!」
地域はローカルメディアの実験場だ。お年寄りが毎月楽しみに待つ『みやぎシルバーネット』、福岡にある宅老所の面白雑誌『ヨレヨレ』、食材付き情報誌『食べる通信』他、その地に最適なかたちを編み出し根づいてきた各地の試みを、3つの視点「観察力×コミュニケーション力」「本・雑誌の新しいかたち×届けかた」「地域の人×よそ者」で紹介する。
[目次]
Prologue つながりを生み出すローカルメディア
Part 1 観察力×コミュニケーション力
1 『みやぎシルバーネット』(宮城県仙台市)
──お年寄りが表現し、語り合う場所
2 『ヨレヨレ』(福岡県福岡市)
──現実を真剣に描くからこそ面白い
考察 時間をかけて見つめることでコミュニケーションが生まれる
──無明舎出版、『kalas』
Part 2 本・雑誌の新しいかたち×届けかた
1 『東北食べる通信』(岩手県花巻市)
──生産者と消費者の関係を深める食べ物付き情報誌
2 本と温泉(兵庫県豊岡市)
──"地産地読"という届けかた
考察 その地に最適なかたちと方法がある
──「十和田奥入瀬芸術祭」「宿命の交わるところ─秋田の場合」ほか
Part 3 地域の人×よそ者
1 『雲のうえ』(福岡県北九州市)
──平凡な場所が素敵に見えてくる
2 『La Collina』(滋賀県近江八幡市)
──地元の再発見が愛着と自信を育てる
3 『せとうち暮らし』(香川県高松市)
──クリエイターがつながり、応援する人がいて、メディアが成長する
考察 地域の人とよそ者の情熱が広がりを生む
──issue+design、『離島経済新聞』
Epilogue ローカルメディアはいつも実験場だった
──『谷根千』、せんだいメディアテーク、
『フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン』『飛騨』『TO magazine』
あとがき



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533