HP内の目次へ・検索もできます! 『棲最新号』

12285号      12288号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

等身大の暮らし提案誌 『棲11号』 -特集:「いのちの終わりに」-
京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12287号 2017年4月6日

『棲13号』
-特集:「装う」の向こうに-


編集:兼松春実、浅野未紗子、黒川弘子
発行:自由空間
定価:(本体900円+税)B5・4C(カラー)60p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
絵を描く。料理をつくる。文を書く。
いろんな方法があるけれど、「装う」ことは誰もが、なかば無意識にしているでも、とても大事
な「表現」ではないだろうか。
自分らしくいるために、気持ちを高めるために誰かに見てもらいたくて私もまた、日々、装う。
「装う」の向こうに見える、さまざまを探して気になる人たちに、会ってきた。
以前から、「衣・食・住」のうち、まだ特集していない「衣」についてとりあげたいと考えていました。でも、棲らしい切り口は?など考えるとなかなかむずかしいものがあり……。大事な服を独自の提案でリデザイン・リメイクしてくれる「アトリエレイ」さんを紹介してもらったり、名古屋で話題のセレクトショップを主宰する安井さんのワードローブを見せてもらったりしているうちに、徐々に方向性が見えてきました。あらためて、「自分らしく装う」ことの大切さ、楽しさに気づきました。長女が難病を背負って生まれてきたのをきっかけに、広い世界に飛び出していった関家の記事(「この人、この棲」)も、ぜひぜひ読んでもらいたいです。

『棲12号』 -特集:「第3の場」をつくろう-
『棲12号』
-特集:「第3の場」をつくろう-


編集:兼松春実、浅野未紗子、黒川弘子
発行:自由空間
定価:(本体900円+税)B5・4C(カラー)60p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

◆簡単メールご注文(E-mail)から。
暮らしの土台である住まい、日々通っている仕事場や学校。このふたつに加えて、「ほっと息がぬけるところ、自分が自分らしくいられるところ、いろんな人に会えるところ」があることは、生きることを豊かにしてくれます。今号では、そんな「第3の場」と、場を自らつくっている人たちを紹介します。(具体的には、三重県津市のユニークなアート空間、ボルボックスや大阪北芝のまちなど)
[目次]
特集1/僕の、私の、「第3の場」
○アート・クラフト表現空間「VOLVOX」(三重県津市)
○イベント企画「似てない屋」(愛知県東郷町)
○円頓寺・四間道界隈情報誌「ポゥ」(名古屋市西区)
○「わいわい子ども食堂」(名古屋市北区)
○個人がつくる公共建築「潮目」(岩手県越喜来)
特集2/「第3の場」をつくろう
○いつでも、帰ってきたいまちに
 「NPO法人暮らしづくりネットワーク北芝」(大阪府箕面市萱野)
連載
○この人、この棲 第12回
 「主語はワタクシ」中根洋子
○おいしい細道B
 もみじの天ぷら(大阪府箕面市)
○仕事、未来形B
 NPO法人楽歩(愛知県長久手市)
○こんなとき、こんな音楽13
 Teenage Fanclub(鈴木義弘/ミル店主)
○あなたの、わたしの日常茶飯事B
 発酵食が命を救う(谷陽子/空色曲玉オーナーシェフ)
○住まいのエッセンスB
 ひと・いえ・まち(高部修/高部建築事務所主宰)
○映画に棲むvol.8
 「海月姫」(高野史枝/映画評論家)
○小さな棲、十人十色6
 マグチミホコさん(岐阜県恵那市



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533