HP内の目次へ・検索もできます! 『これからの建築士』 -職能を拡げる17の取り組み-

12081号      12083号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12082号 2016年02月24日
『これからの建築士』 -職能を拡げる17の取り組み-
『これからの建築士』
-職能を拡げる17の取り組み-

著:倉方俊輔、吉良森子、中村勉
発行:学芸出版社
定価:(本体2,300円+税) A5・190p
978-4-7615-2616-0
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
建築への信頼が問われる今、変わるべきは100万人の<建築士>の職能だ!
建築への信頼が問われる今、必要なのは100万人の「建築士」のバージョンアップだ。専門性を活かしながら、新たな領域と関係性をつくり出して活動する17者の取り組みを、本人たちが書き下ろした方法論と核心を引き出すインタビューによって紹介。日本全国の建築士が今できる取り組みを見つけ、仕事の幅を拡げられる1冊。
[目次]
はじめに /倉方俊輔、吉良森子、中村勉、佐々木龍郎
第1部 新たな関係をつくり、社会を動かす
設計も施工も住み手と一緒に行えば、失敗も思い出に変わる
──対話:コミュニケーションをとりながらつくる、新しい分業の世界/HandiHouse project
地域に働きかける〈小さな経済〉をデザインするアパート
──対話:小さな地域の仕事から始める静かな革命/仲俊治・宇野悠里 [食堂付きアパート]
多様なチームで「建築に何が可能か」を考える
──対話:ゆるやかな仕組みで、クライアントと並走する/SPEAC
「社会構築」と「空間構成」を連動させる
──対話:空間の使い方のダイアグラムが生む新しい建築のつくり方/ツバメアーキテクツ
川上から川下までのネットワークを構築し、都市木造を実現する
──対話:木造から都市のシステムを変えようとする、多分野の集まり/チーム・ティンバライズ
論考1 「2050年」から建築士を考える /中村勉
第2部 デザインの意味を拡げ、状況を変える
命を守る施設を地域住民自らが建築できる力を育む
──対話:母親として、建築を育てる土壌になる/遠藤幹子 [ザンビアのマタニティハウス]
材の輸入から施工まで責任を持つ、独自構法の家づくり
──対話:住宅づくりのシステムから変え、職能を拡げるプロトタイプ/葛西潔 [木箱212構法]
豊かな建築は、豊かな人間関係があって初めて成立する
──対話:落日荘までの40年/岩崎駿介
リスクを可視化し、合意形成のプラットフォームをつくる
──対話:住民が主体的に考え続けられる仕組みをデザインする/日建設計ボランティア部 [逃げ地図]
エコ改修を通じて、地域の人と技術を育む
──対話:身近な感性を出発点に、建築士が社会に働きかける場をつくる
 /善養寺幸子 [学校エコ改修事業]
領域を超えて建築の発意から運営までを総合的にプロデュース
──対話:事業の初期からジャッジし、デザインする職能/斉藤博
論考2 「これまで」の前提から「これから」の前提へ /吉良森子
第3部 地域に入り、環境を守る
地域の魅力を可視化し、発信のチャンネルを変える
──対話:「文京区」のスケールを活かし、生態系をつなぐ/文京建築会ユース
防災教育を通じて、地域と建築士を育てる「まち建築士」
──対話:建築士として防災に貢献しながら、地域に入り込む/防災教育ワーキンググループ
調査と提言を通して、歴史的建造物の価値を地域と共有する
──対話:建築的価値を明らかにし、市民や所有者との共感を広げていく/復興小学校研究会
震災、戦災で焼失したまちにアイデンティティを取り戻す
──対話:景観と防災を軸に、住民側にまちづくりの主体をつくる/北斎通りまちづくりの会
まち並みを継承し、建物や樹木を思いやる一連のプロジェクト
──対話:土地の尊厳を守る一体的なコーディネートで景観を受け継ぐ/稲垣道子 [深沢住宅地計画]
名作住宅を、多様な分野の連携で継承する
──対話:住宅遺産を継承する仕組みをつくる/住宅遺産トラスト
論考3 生きた市民としての建築士 /倉方俊輔
おわりに ──「これからの建築士賞」立ち上げの現場から /佐々木龍郎



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533