HP内の目次へ・検索もできます! 『住宅建築 2016年4月号』 -続・柱と建築 虚実皮膜の向こうへ-

12071号      12073号



先人の知恵 創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻12072号 2016年02月18日
『住宅建築 2014年10月号』-柱と建築-
『住宅建築 2016年4月号』 -続・柱と建築 虚実皮膜の向こうへ-
『住宅建築 2016年4月号』
-続・柱と建築 虚実皮膜の向こうへ-

編集・発行:建築資料研究社
定価:(本体2,333円+税)A4・144p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[目次]
特集 続・柱と建築 虚実皮膜の向こうへ
現代における柱型住空間への提言
 柱の「開かれ」を求めて 福島加津也
「SH-30」 広瀬鎌二
柱の意味を解体する1 仮設性/永遠性
 柱の技術から、壁の消去と空間の透明性を見る 福島加津也
柱の意味を解体する2 象徴性/精神性
 柱の形式性がわれわれの「現代病」を克服する 大松俊紀
「呉羽の舎」 白井晟一研究所
柱・その単独性と共同性 中谷礼仁
起点としての柱 六車誠司
木造軸組構法のプレファブリケーション PA-1 六車誠二建築設計事務所
四本の天竜杉が棟を支える 四本柱建物 大松俊紀アトリエ
建築の原型を日常に組み込む 柱と床 福島加津也+冨永祥子建築設計事務所
特別記事
時を紡ぐ1
 古材を再利用し新築した離れと主屋の改修
  金沢Y邸離れ・主屋 中山利恵
時を紡ぐ2
 新旧の板倉 玉川邸 里山建築研究所/安藤邦博
吉田璋也の建築の原点 鳥取民藝運動の軌跡
吉田璋也と民藝運動の建築 木谷清人
シリーズ
研究室からフィールドへ
 エネマネハウス2015 学生が考える、将来の家 エネルギー・ライフ・アジア
連載
古民家 その用と美に学ぶ
アトリエCOSMOSの木造建築
講演会レポート
長谷川堯 「都市の記憶、建築の記憶」



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533