HP内の目次へ・検索もできます! 『庭 210 都市の中の山居』

9987号               9989号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻9988号 2013年3月15日

『庭 210 都市の中の山居』

編集:創庭社
発行:建築資料研究社
定価:2,940円(本体2,800円+税5%)
A4・128p

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
庭を愛する人。庭を守る人。庭を作る人。庭を新たな気概で「創る」人へ。そして何より庭に関わるすべての人々へ。現代の庭の「果」は、古典の庭に「因」があり、未来の庭の「果」は現代に「因」があると捉え、現代から古典の庭までご紹介していきます。
[目次]
日本の庭 巡礼 雑木の庭の創始者 飯田十基自邸のすまい
武蔵野の庭 幻風景抄  写真=信原 修
武蔵野の雑木を取り入れた 数寄の庭
都会の喧騒を払拭させる森閑とした雰囲気、用もないのに歩きたくなる石畳、足の裏から伝わる自然界の和らいだ感触、数寄者だからこそ見えてくる景色がある、数寄者にしか表せられない茶味がある、蹲踞の役石に飛石ひとつに数寄者の感性が宿る、人が手を加えたものとわかっていながら、人の手を離れ、作為を出すまいと息をひそめる敷石の声なき声が聞こえてくる「覚えた技を使いたい」「得意の技を魅せつけたい」一人よがりの稚拙な作庭者では到達できない高い精神世界が数寄の世界かも知れない、取るに足りない石ころや庭木からはほど遠い雑木(ざつぼく)のように生ある物とないモノを取り混ぜながら尊い生命の旋律を感じさせる空間こそ時代を超えた本物の庭と呼びたい。
解説 日本の庭 巡礼 雑木の庭の創始者 飯田十基のすまい
透けるような空間  中山 章
弟子が語る飯田十基の世界
家と庭に表れる人格 平井孝幸
旧文再見 飯田十基さんのプロフィール
現代の庭を創る
作庭家 平井孝幸   都市に森を  写真=富野博則
庭優先のすまいづくり
都市の住宅地に懐かしき山河あり ・・・田辺さんの庭
閑静な住宅街に生まれた
里山の風を伝える現代住宅の庭 ・・・Hさんの庭
庭は、子どもたちの情操教育の場
山林のような庭に遊ぶ ・・・Sさんの庭
現代の庭を創る 解説  作庭家 平井孝幸 都市に森を明日の東京の庭を創る
田辺さんの庭・・・・東京都三鷹市
原風景を創る
Hさんの庭・・・・東京都目黒区
庭は情操を育む場
Sさんの庭 ・・・・神奈川県厚木市
作庭私論   感性価値の共有  平井孝幸
建築家の目線でみた平井孝幸
平井さんとの仕事を通じて  井上洋介
作庭に役立つ素材&技術探求シリーズ
山居を作るための樹木図鑑
自然と共生する新しい風景
構成/澤田 忍
協力/日本植木協会 新樹種部会
顧客志向と自然志向
自然風な庭を作るために
川原田 邦彦
海外の庭づくり フランス・グルノーブルからの手紙
グルノーブルの風景遺産 84
文/写真=パジャニ・メラニー 翻訳者=トンシン・初美
四国 石積遍路   最終回
畑を囲む青石垣  
文・写 真=岡崎 直司
庭園雑貨絢爛  乗馬ズボン 文・写真 浦田浩志
ルーツは国家レベル 動きやすさを追求したズボン
愛用者のために 力一杯がんばるのみです 佐藤貞博
京の庭匠 第十六代目・佐野藤右衛門の作庭私塾
随縁放談
第4回 未来の景観を憂う 
文=浦田 浩志/写真=富野 博則
佐野藤右衛門のよもやま話
古き良きものが廃れる理由
佐野さんに思い切って聞いてみよう
〜読者からの質問コーナー〜
日本風景紀行22 遙かなる温泉津
文・写真=佐子 武
ニューウェーブ New Wave
作庭は自己表現
文・写真=山田祐司
曲線状の洗い出しのある庭
石積のある庭
「車窓から」
俺たちの作庭論  ヒント探し  山田祐司
連載 職人の視点 第16回
一枚の絵から
文・写真=小林澄夫
今さら聞けない作庭用語集 第22回 庭づくりの現場用語
延段づくり(2) 内田 均
声の交歓室 VOICE
緑の窓 掲示板   Green Window
作庭に役立つ 本 BOOK



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533