HP内の目次へ・検索もできます! 『今後40年のグローバル予測』

9858号       9860号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻9859号 2013年2月5日

『今後40年のグローバル予測』

著:ヨルゲン・ランダース
訳:野中香方子
解説:竹中平蔵
発行:日経BP社
定価:2,310円(本体2,200円+税5%)
A5・512p
978-4-8222-4941-0

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
最も「実現確率の高い未来」を徹底予測
本書『2052』は、かつて世界の人々に重大な警告を与えた『成長の限界ローマ・クラブ「人類の危機」レポート』を受け継ぎ、21世紀の警告書としてあらためて問い直したものです。『成長の限界』(1972年)では、人類は地球の物理的限界にどのように適応するかという壮大な問いに取り組み、資源枯渇や持続可能性、温室効果ガスの弊害について、世界が真剣に考え始めるきっかけを作りました。
本書『2052』は『成長の限界』から40年が過ぎた今、持続不可能な方向に進んでいる地球に対して、人類がどんなアクションをとっていくのか(あるいはとらないのか)、経済、環境、エネルギー、政治など30以上の分野にわたる世界のキーパーソンの予測を踏まえて、著者ヨルゲン・ランダースが今後の40年間について自らの予測を取りまとめた。元祖『成長の限界』の著者の一人であるヨルゲン・ランダースが描く「最も実現確率の高い近未来」は、混沌の21世紀をどのように生きるべきかの重要な指標になります。
『2052』はこれらの疑問にすべて答えます。
この地球は人類を何人まで養うことができるのか?
この先、食料とエネルギーは足りるのか?
次の世代は残された莫大な借金と年金負担を受け入れてくれるのか?
どの国が栄え、どの国が衰退するか?
再生可能エネルギーへの切り替えは成功するか?
経済は永遠に成長を続けるという神話はいつ破綻するか?
中国への経済シフトは平和裏に行われるか?
暴走し始めた気候変動を止めることができるのか?
世界の中で暮らしが良くなるのはどの地域か?
今の国にそのまま住んでいていいのか? もし移住するならどんな国がいいか?
個人としてこれからすべきことは何か?
子どもの教育で心がけておくべき事は何か?
[目次]
2052 〜今後40年のグローバル予測
第1部 背景
 第1章 未来についての懸念
 第2章 2052年に向けて危惧される五つの問題
第2部 私の世界予測
 第3章 私の予測の根拠
 第4章 2052年までの人口と消費
 第5章 2052年までのエネルギーとCO2事情
 第6章 2052年までの食料事情
 第7章 2052年に向かう非物質的未来
 第8章 2052年の時代精神
第3部 分析
 第9章 未来についての考察
 第10章 5つのグループの未来
 第11章 他の未来予測との比較
 第12章 あなたは何をすべきか?
解説 地球社会への最後の警告



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533