HP内の目次へ・検索もできます! ■『Autodesk Inventor 2013 公式トレーニングガイド Vol.1』 ●『Autodesk Inventor 2013 公式トレーニングガイド Vol.2

9853号       9858号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻9857号 2013年2月5日

■『Autodesk Inventor 2013 公式トレーニングガイド Vol.1』

著:Autodesik,Inc
訳:オートデスク株式会社
発行:日経BP社
定価:6,300円(本体6,000円+税5%)
B5・360p
978-4-82229-386-4

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
Autodesk社が全世界的に提供している公式トレーニングテキストの日本語版で、機械系3D CADのAutodesk Inventorに必要な知識・スキルを習得できるテキスト。2010版の「公式トレーニングガイド」の改訂版。Vol.1では、Autodesk Inventorユーザインタフェースの使い方から始まり、基本的なスケッチの作成やジオメトリ拘束、面取りやフィレット、穴やねじ、薄肉パーツなどの詳細形状の作成、アセンブリデザイン、コンポーネントの配置・作成・拘束を取り上げています。2013版では、基本形状の作成に関してプリミティブの説明を追加しました。各章を構成するおのおののレッスンの最後に用意されている実習では、ダウンロード提供される実習ファイルを使って、実際の操作方法を効率よく確かめることができます。
サンプルファイルのダウンロード
http://ec.nikkeibp.co.jp/nsp/dl/09386/index.shtml
[目次]
はじめに
第1章 はじめに
レッスン1 Autodesk Inventorユーザインタフェース
複数の環境について
プロジェクトファイルについて
Inventorのファイルタイプ
ユーザインタフェース
コンテキスト(状況)依存ツール
マーキングメニュー
Autodesk Inventor Wikiヘルプ
ウェルカムセンター
実習:Autodesk Inventorユーザインタフェースを確認する
レッスン2 ビューの操作
グラフィックスウィンドウについて
オービットツール
ViewCubeについて
ViewCubeを使用する
ホームビューを使用する
ビューを復元する
実習:モデルビューを操作する
レッスン3 パラメトリックパーツをデザインする
パラメトリックパーツモデルについて
設計意図を反映する
パラメトリックパーツモデルを作成する
パーツ環境
ミニツールバー
実習:パラメトリックパーツを作成する
実習:ミニツールバーを操作する
章のまとめ
第2章 基本的なスケッチの作成
レッスン1 2Dスケッチを作成する
スケッチについて
点の位置合わせ
初期スケッチの方向を変更する
基本的なスケッチツール
正しいスケッチを作成するためのガイドライン
実習:2Dスケッチを作成する
レッスン2 ジオメトリ拘束
ジオメトリ拘束について
拘束の推定と適用について
ジオメトリ拘束を適用する
拘束を表示および削除する
正しい拘束を設定するためのガイドライン
スケッチの自由度記号表示の切り替え
実習:スケッチを拘束する
レッスン3 スケッチの寸法を設定する
寸法拘束について
ヘッズアップ表示(HUD)インタフェースとダイナミック入力
寸法拘束を作成する
寸法の表示と関係について
スケッチの寸法設定のガイドライン
実習:スケッチの寸法を設定する
レッスン4 スケッチブロック
スケッチブロックについて
実習:スケッチブロックの作成
章のまとめ
第3章 基本形状の作成
レッスン1 基本的なスケッチフィーチャを作成する
スケッチフィーチャについて
押し出しフィーチャを作成する
回転フィーチャを作成する
操作と範囲の指定
スケッチの方向を設定する
プリミティブについて
実習:押し出しフィーチャを作成する
実習:回転フィーチャを作成する
レッスン2 スケッチの線種
スケッチの線種について
構築ジオメトリを作成および使用する
参照ジオメトリを作成および使用する
実習:構築ジオメトリと参照ジオメトリを使用したパーツの作成
レッスン3 パラメトリックパーツを編集する
フィーチャを編集する
スケッチを編集する
パラメータを使用する
実習:パラメトリックパーツを編集する
実習:パラメータと計算式を作成する
レッスン4 3Dグリップ編集
3Dグリップ編集の概要
3Dグリップツールを使用する
実習:3Dグリップを使用した編集
レッスン5 作業フィーチャを作成する
作業フィーチャについて
作業平面を作成する
作業軸を作成する
作業点を作成する
実習:作業平面を作成する
実習:作業軸を作成する
実習:作業点を作成する
レッスン6 基本的なスイープ形状を作成する
スイープ形状について
スイープフィーチャを作成する
スイープ形状を作成する際のガイドライン
実習:スイープフィーチャを作成する
章のまとめ
第4章 詳細形状の作成
レッスン1 面取りおよびフィレットを作成する
面取りおよびフィレットについて
面取りを作成する
フィレットを作成する
面取りおよびフィレットを作成する際のガイドライン
実習:面取りを作成する
実習:フィレットを作成する
レッスン2 穴とねじを作成する
穴フィーチャについて
穴を作成する
ねじを作成する
実習:穴とねじを作成する
レッスン3 フィーチャのパターン化およびミラー化
フィーチャの再利用について
矩形状パターンを作成する
放射状パターンを作成する
フィーチャをミラー化する
実習:パターンフィーチャを作成する
実習:パーツフィーチャをミラー化する
レッスン4 薄肉パーツを作成する
薄肉パーツのデザインについて
シェルフィーチャを作成する
実習:シェルフィーチャを作成および編集する
章のまとめ
第5章 アセンブリデザインの概要
レッスン1 アセンブリをデザインする
アセンブリデザインについて
アセンブリデザインのアプローチ
アセンブリ環境
アセンブリデザインの推奨ワークフロー
実習:アセンブリ環境を使用する
レッスン2 アセンブリデザインでプロジェクトファイルを使用する
プロジェクトファイルについて
プロジェクトファイルの構成
プロジェクトファイルを作成する
プロジェクトファイルを編集する
プロジェクトファイルに関する推奨事項
実習:プロジェクトファイルを作成する
章のまとめ
第6章 コンポーネントを配置、作成、拘束する
レッスン1 アセンブリ内にコンポーネントを配置する
アセンブリ内へのコンポーネントの配置について
アセンブリ内にコンポーネントを配置する
実習:アセンブリ内にコンポーネントを配置する
レッスン2 コンポーネントの拘束
アセンブリ拘束について
拘束ツール
拘束を指定する
アセンブリツール
拘束の表示と編集
適切な拘束テクニック
実習:コンポーネントを拘束する
レッスン3 コンテンツセンターを使用して標準コンポーネントを配置する
コンテンツセンターについて
コンテンツセンターのコンシューマについて
標準コンポーネントを配置する
Manufacturing Communityの使用
実習:コンテンツセンターのデータを使用する
レッスン4 アセンブリ内の基本的なパーツ設計
アセンブリ内での設計と編集について
設計意図を反映する
コンポーネントをインプレイス作成する
コンポーネントをインプレイス編集する
インプレイスコンポーネント設計のガイドライン
実習:アセンブリ内にコンポーネントを作成する
章のまとめ
索引


●『Autodesk Inventor 2013 公式トレーニングガイド Vol.2』

著:Autodesik,Inc.
訳:オートデスク株式会社
発行:日経BP社
定価:5,460円(本体5,200円+税5%)
B5・280p
978-4-82229-387-1
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
Autodesk社が全世界的に提供している公式トレーニングテキストの日本語版で、機械系3D CADのAutodesk Inventorに必要な知識・スキルを習得できるテキスト。2010版の「公式トレーニングガイド」の改訂版。Vol.2では、アセンブリの操作、投影図・断面図・詳細図などのビューの作成、寸法、注記、テーブル、部品表、引出線、バルーンなどの追加、最後に製図規格や図面リソースを取り上げています。各章を構成するおのおののレッスンの最後に用意されている実習では、ダウンロード提供される実習ファイルを使って、実際の操作方法を効率よく確かめることができます。
サンプルファイルのダウンロード
http://ec.nikkeibp.co.jp/nsp/dl/09386/index.shtml
[目次]
はじめに
第7章 アセンブリを操作する
レッスン1 アセンブリ内のパーツを特定する
コンポーネントを選択する
選択したコンポーネントのみの表示について
ブラウザフィルタについて
ブラウザおよびグラフィックスウィンドウ内のコンポーネントの検索について
アセンブリ断面を作成する
実習:アセンブリ内のパーツを特定する
レッスン2 解析ツールとモーションツール
物理プロパティを計算する
干渉をチェックする
単純なモーションの拘束駆動と解析
実習:プロパティの計算と干渉の解析を行う
実習:拘束駆動
レッスン3 アセンブリを表示する
プレゼンテーションについて
プレゼンテーションビューを作成する
ツイークと基準線を作成する
プレゼンテーションのアニメーション化について
プレゼンテーションをアニメーション化する
実習:分解プレゼンテーションを作成する
実習:分解プレゼンテーションビューをアニメーション化する
章のまとめ
第8章 基本ビューの作成
レッスン1 図面作成環境
図面の作成について
図面を作成する
図面作成環境について
図面環境を使用する
実習:図面作成環境の使用
レッスン2 ベースビューと投影図
ベースビューを作成する
分解された図面ビューを作成する
投影図を作成する
ベースビューおよび投影図を編集するためのプロパティ
実習:ベースビューおよび投影図の作成および編集
レッスン3 断面図
断面図を作成する
断面図を編集する
アセンブリ断面図のプロパティ
実習:断面図を作成、編集する
レッスン4 詳細図
詳細図について
詳細図を作成する
詳細図を移動および編集する
実習:詳細図を作成、編集する
実習:詳細図のエッジの形状および接続を作成、編集する
レッスン5 切り抜きビュー
サポートされるビューの種類と表示
クイック切り抜きビューを作成する
スケッチを使用して切り抜きビューを作成する
実習:切り抜きビューの作成および編集
レッスン6 ビューを管理する
ビューの整理について
ビューの移動、位置合わせ、および編集について
ビューの移動、位置合わせ、および編集
線分の表示設定について
図面における線分の表示設定を制御する
実習:ビューの管理
章のまとめ
第9章 寸法、注記、テーブル
レッスン1 自動寸法記入手法
自動的に配置される寸法について
モデル寸法を取得する
モデル寸法を編集する
実習:図面ビューの寸法を取り込む
レッスン2 手動寸法記入手法
一般寸法、並列寸法、累進寸法の作成について
一般寸法を作成する
直列寸法を作成する
並列寸法を作成する
累進寸法を作成する
実習:一般寸法を作成する
実習:直列寸法を作成する
実習:並列寸法を作成する
実習:累進寸法を作成する
レッスン3 穴とねじに注記を付ける
穴注記とねじ注記の概要
穴とねじの注記を操作する
長さ寸法ねじ注記を作成する
穴テーブルについて
穴テーブルを操作する
実習:穴注記を作成、編集する
実習:穴テーブルを作成、編集する
レッスン4 中心線、記号、引出線を作成する
中心線と中心マークについて
中心線と中心マークを作成する
記号について
記号でビューを図面化する
引出線とテキストについて
引出線とテキストを追加する
引出線とテキストを編集する
実習:中心線、中心マーク、記号を追加する
レッスン5 履歴テーブルとタグ
履歴テーブルとタグについて
履歴テーブルとタグの操作のプロセス
履歴テーブルのスタイル
履歴テーブルを追加する
履歴テーブルの編集について
履歴タグを追加して編集する
実習:履歴テーブルと履歴タグの構成、追加、編集
章のまとめ
第10章 アセンブリ図面に注釈を付ける
レッスン1 アセンブリモデルを基本とした部品表
部品表について
部品表を使用する
項目番号の操作
実習:アセンブリの部品表を編集する
レッスン2 パーツ一覧を作成およびカスタマイズする
パーツ一覧について
パーツ一覧を作成する
パーツ一覧を編集する
実習:パーツ一覧を作成およびカスタマイズする
レッスン3 バルーンを作成する
バルーンについて
バルーンを手動で配置する
バルーンを自動的に配置する
バルーンを編集する
実習:バルーンを作成する
章のまとめ
第11章 製図規格と図面リソース
レッスン1 製図規格を設定する
スタイルについて
スタイルエディタでスタイルを作成する
製図規格について
製図規格のプロパティ
アクティブな規格を定義する
画層を使用する
実習:製図規格の設定
レッスン2 図面リソース
図面シートについて
シートを作成する
カスタムの図面枠および表題欄について
カスタムの図面枠を作成する
カスタムの表題欄を作成する
実習:図面リソースを使用する
実習:表題欄のカスタマイズ
章のまとめ
付録A



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533