HP内の目次へ・検索もできます! 『図説 わかる 土木計画』

10599号       10604号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10600号 2013年12月15日

『図説 わかる 土木計画』

監修:新田保次
編著:松村暢彦 
著:石内鉄平、伊勢昇、猪井博登、
森田哲夫、柳原崇男
発行:学芸出版社
定価:(本体3,000円+税)
B5・172p
978-4-7615-3208-6

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
大学学部教育、高専モデルコアカリキュラムに対応! 公務員試験対策に最適!
公共事業の調査・計画の実践、検証と評価の手法を扱う、土木工学系学科の必修科目。
数式の多さと難解さで敬遠されがちな内容を、親しみやすいイラストと現場の写真を多用し、数式も丁寧に導いた。導入部でのつまずきをなくし、豊富な例題に沿って納得しながら最後まで学び切れる全15章立て。現役の教師陣による渾身の入門書。
[目次]
1章 土木計画とは
1  社会基盤施設とは何か
2  土木計画の定義
3  土木計画の種類
4  土木計画の手順
5  本書の構成
2章 計画に必要なデータの整理
1  データの種類と尺度
2  度数分布表とヒストグラム
3  さまざまなグラフ
4  記述統計
5  データの基準化
3章 データを分析する方法 ── 確率的手法
1  確率分布と分布関数
2  離散型確率分布
3  連続型確率分布(1次元)
4章 データを分析する方法 ――推測統計的手法
1  統計的推定─ 点推定
2  統計的推定─ 区間推定
3  統計的検定
5章 データを分析する方法 ――記述統計的手法
1  相関分析
2  単回帰分析
3  クロス分析
6章 実験計画を立てる
1  実験計画とは
2  分散分析
3  ラテン方格
7章 調査データを集める
1  土木計画は「調査とデータ」から!
2  調査データ、いろいろあります
3  政府統計の調べ方
4  土木計画に用いる主な調査・統計
8章 調査をする
1  調査の企画
2  調査票の作成
3  標本抽出(サンプリング)
4  調査の実施
9章 データから傾向を推測する ── 時系列分析
1  予測とは
2  過去から未来を予測する時系列分析
3  時系列変動を構成する要素
4  加法モデルと乗法モデル
5  平均値の時系列を見る ─ 移動平均法
6  長期間のデータ変化を読み解く ─ 傾向変動に対する式のあてはめ
7  人口を予測する
10章 データから傾向を推測する ── 重回帰分析
1  重回帰分析
2  重相関係数と偏回帰係数
3  重回帰分析の留意点
11章  データから傾向を推測する ── 多変量解析
1  多変量解析の種類と選択方法
2  判別分析
3  主成分分析
4  因子分析
5  クラスター分析
6  数量化理論
12章 計画を最適化する数理的手法 ── 線形計画問題
1  線形計画問題とは
2  図的解法による線形計画問題の解き方
3  限界価値
4  双対問題
13章 計画を最適化する数理的手法 ── シンプレックス法
1  シンプレックス法とは
2  シンプレックス法による線形計画問題の解き方
3  双対シンプレックス法
14章 計画を最適化する数理的手法 ── ネットワーク計画法
1  工程表
2  アローダイヤグラム
3  プロジェクトの最短工期を知るPERT
4  最も経済的な時間の短縮方法を求めるCPM
15章 計画を評価する ── 費用便益分析
1  土木プロジェクトの評価とは
2  費用便益分析の手順
3  事前評価時と再評価時における費用便益分析
4  費用便益分析の留意点
演習問題の答え
索引



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533