HP内の目次へ・検索もできます! 『磯崎新建築論集7』 -建築のキュレーション網目状権力と決定-

10563号       10565号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10564号 2013年11月29日

『磯崎新建築論集7』
-建築のキュレーション網目状権力と決定-


著:磯崎新、南後由和
発行:岩波書店
定価:(本体3,800円+税)
四六・310p
78-4-00-028607-7

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
国内外で注目を集める数々の有力コンペの審査員を務めた際の,審査の判断根拠を明確に示すことで,自らの責任を明らかにし,建築の新たな文脈を提示.社会的権力や公共性,メディア,資本等のあり方を問い,旧弊な建築界の通念や制度の変革に挑む磯崎の姿が浮び上がるであろう。キュレーション的観点からする建築の思想と方法。
[目次]
反回想7 建築のキュレーション(著者解題)
I 社会的権力としのクライアント
 大勧進帳重源
 遠州好み
 祝祭オペラ
 ゲームの臨界
II 網目状システムの編成
 紙上にのみ存在する建築
 波乱含みの国際コンペ
 世界舞台にのせるには
 国際会議という運動
 「公共」というクライアントのためのキュレーション
解説 南後理和
[磯崎新建築論集 全8巻の構成]
半世紀にわたり建築界をリードし,現在なお国際的な場で活躍し続ける磯崎新。
その巨大な存在感はどこから来るのか.建築家であると同時に,芸術家,批評家,思想家として活躍する磯崎新の,思想のエッセンスを分かりやすい形で凝縮する集大成的著作論集.次代を担う中堅気鋭の建築家,建築史家の協力を得て,常に新鮮な問題提起で挑発し続ける著者の思想の核心と魅力の秘密を浮き彫りにする.十数編の意欲的書下ろし論考と著者自身による各巻解題を収録。未来に継承さるべき,わが国建築界の思想的財産。
[全巻の構成]
第1巻 散種されたモダニズム(横手義洋編)定価:(本体3,600円+税)
第2巻 記号の海に浮かぶ〈しま〉(松田達編)定価:(本体3,600円+税)
第3巻 手法論の射程(日埜直彦編)定価:(本体3,600円+税)
第4巻 〈建築〉という基体(五十嵐太郎編)定価:(本体3,600円+税)
第5巻 「わ」の所在(中谷礼仁編)定価:(本体3,600円+税)
第6巻 ユートピアはどこへ(藤村龍至編)定価:(本体3,800円+税)
第7巻 建築のキュレーション(南後由和編)定価:(本体3,800円+税)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533