HP内の目次へ・検索もできます! 『景観写真論ノート』-宮本常一のアルバムから-

10487号       10489号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10488号 2013年11月2日

『景観写真論ノート』
-宮本常一のアルバムから-


著:香月洋一郎
発行:筑摩書房
定価:(本体2,800円+税)
A5・256p
978-4-480-87620-1

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
ありふれた景色のなかにひそむ意味。景観写真を読み解くことで、地域の歴史や、暮らしぶり、そして活性化の方向が見えてくる。420点の写真を収録し、晩年、宮本常一が愛弟子に行った個人授業を再現する。
[目次]
1 視線の彼方に―序にかえて
2 分割線の発想
3 人をはずした風景
4 あるフィールドでの半日―書割風に
5 変わり方に見る個性
6 農の風景、農の感性
7 自分にとっての写真、自分にとっての景観



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533