HP内の目次へ・検索もできます! 『建設ドキュメント1988−』 -イサム・ノグチとモエレ沼公園-

10422号       10424号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10423号 2013年10月7日

『建設ドキュメント1988−』
-イサム・ノグチとモエレ沼公園-

著:川村純一、斉藤浩二
構成:戸矢晃一
発行:学芸出版社
定価:(本体2,400円+税)
四六・272p
978-4-7615-2558-3

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
1988年彫刻家イサム・ノグチが完成を見ずに逝き、続行も危ぶまれたモエレ沼公園計画は17年後に完成した。ゴミの埋立地が「大地の彫刻」に変貌した軌跡を設計統括を担当した建築家とランドスケープデザイナーが明かす。残された僅かな図面を頼りにそのコンセプトは如何に読み解かれ実現されたのか?初めて明らかになるその舞台裏。
[目次]
まえがき
Chapter1 中止か続行か?──最初の決断
 イサムの構想──公園を一つの彫刻に
 1988年──計画を白紙から
 もう一つのストーリー──イサムと斉藤浩二の出会い
 イサム逝く──動き続けるモエレ沼計画
Chapter2 イサムのコンセプトを読む
 子どものための空間とは?──七つの遊具広場
 大地への眼差し──理解するための努力
 イサムの模型と食い違う現実
Chapter3 設計者チームの働き
 2000分の1と1分の2──イサムのスケール感
 フリーハンドで描かれた〈モエレビーチ〉
 契約書の存在
 異例の協定書
Chapter4 水辺を創る、山を築く
 つくらなかったもの
 水辺を創る
 山を築く──50メートルの人工山〈モエレ山〉
 北海道らしく、イサムらしい植栽
 第一次オープン
Chapter5 建築とモニュメント
 北国の魅力を見せる〈ガラスのピラミッド〉
 最後に完成したモニュメント〈海の噴水〉
 だいじな脇役たち
Chapter6 公園をつくり続ける
 グランドオープン
 変わること、変えてはいけないこと
 〈オンファロス〉の不思議な縁
あとがき
モエレ沼公園建設プロジェクト 年表
参考文献



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533