HP内の目次へ・検索もできます! 『大振幅地震動と建築物の耐震性評価』−巨大海溝型地震・内陸地震に備えて−

10415号       10417号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10416号 2013年10月4日

『大振幅地震動と建築物の耐震性評価』
−巨大海溝型地震・内陸地震に備えて−


編集・発行:日本建築学会
定価:(本体5,000円+税)
B5・379p
978-4-8189-0613-6


送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
海溝型地震による長周期地震等と内陸地震によるパルス性地震動を対象とし、建築基準法で定める地震荷重を大きく超える大振幅地震動が予測される際に、建築物の耐震性評価を如何に行えば良いかについてまとめる。さらには「建築技術者の意識調査に基づく課題の抽出」、「地震動評価と構造物の応答評価の今後の方向性」の章も設けている。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533