HP内の目次へ・検索もできます! 『近世妙心寺建築の研究』

10380号       10386号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10385号 2013年9月19日

『近世妙心寺建築の研究』

著:平井俊行
発行:思文閣出版
定価:(本体9,500円+税)
B5・356p
978-4-7842-1689-5

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
ひらい・としゆき…1959年東京都生。京都工芸繊維大学大学院修士課程修了。
博士(工学)。京都府教育庁指導部文化財保護課建造物担当課長。
[目次]
第1章 本書の概要
 本研究の目的
 従来の研究
 研究の方法
第2章 妙心寺の沿革
第3章 序 論
 はじめに
 中世の五山寺院・大徳寺と妙心寺
 中世の妙心寺諸建築の建立
 近世における妙心寺本山の組織
 妙心寺大工
 まとめ                    
第4章 法 堂――天正・明暦期の普請文書と臨済宗最大教団への道――
 1 天正・明暦期の普請文書
 新行事が作られる法堂の利用
 まとめ
第5章 仏 殿――文化・文政期における再建の目的とその結果――
 文化・文政期における再建
 利用頻度の高い仏殿
 まとめ
第6章 山 門――「山門閣」の意味と山門の活用――
 「山門閣」の意味
 山門の活用
 まとめ
第7章 大方丈――独立した本山施設と新行事の創造――
 本山の方丈建築
 新行事を創造する利用実態
 不定期の行事での利用
 まとめ
第8章 庫 裏――利便性の追求と役僧の変化――
 庫裏の建立とその後の増改築
 庫裏の利用――火番と典座――
 まとめ
第9章 浴 室――正面の意匠保全と施浴の仕組み―ー
 浴室建立の経緯とその後の改造
 浴室の利用方法および経営等
 まとめ
第10章 結 語
 後 書
 初出一覧
 索 引
資料編
 法堂普請銀之拂帳
 風呂屋普請萬帳



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533