HP内の目次へ・検索もできます! 『ディテール2013年7月号別冊』-ノイズを設計する あたりまえの建築をめざして-

10318号       10320号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10319号 2013年8月3日

『ディテール2013年7月号別冊』
-ノイズを設計する あたりまえの建築をめざして-

著:伊藤博之、川辺直哉、田井幹夫、松野勉
発行:彰国社
定価:2,300円(本体2,190円+税5%)
B5・112p

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
無秩序に立ち並ぶ建物や人々の生活から溢れ出すモノなどは、設計条件のなかでもネガティブな「ノイズ」として位置付けられがちである。しかし、ノイズに対する感度を高めてみると、そこには豊かなサウンドを見出せるかもしれない。また、一見凡庸に見える事物をありのままに受け止めることで、建築との新たな関係性を導き出せるかもしれない。
本書では、そうした姿勢で設計に取り組む4人の住宅作品とその手法を紹介する。作品を見学しながら収録した座談会も盛り込み、それぞれの共通点や相違点、そして近代の先にある豊かさを獲得するための設計手法を探っていく。 
[目次]
ノイズと対話する――あたりまえを再構成する  伊藤博之・川辺直哉・田井幹夫・松野勉
水平面がつなぐ、モノ、家具、建築(MATSUBARA 伊藤博之建築設計事務所)
シンプルな矩形に変化を生む“どこでもない”場所(TAKANAWA 伊藤博之建築設計事務所)
見えないノイズを拡声する巨大な気積
 (和賀材木座の家 アーキテクトカフェ・田井幹夫建築設計事務所)
環境に応答しながら、アクティビティを覆う大きな屋根
 (佐野の大屋根 アーキテクトカフェ・田井幹夫建築設計事務所)
現場のノイズを静かに混ぜ合わせる(LUZ白金 川辺直哉建築設計事務所)
環境と暮らしをつなぐ、形態の異なる2つのハコ
 (鎌倉極楽寺の住宅 川辺直哉建築設計事務所)
大地との間にざわめきを生む、うねる壁と床
 (大地の景色 松野勉・相澤久美/ライフアンドシェルター社)
住宅、事務所、オープンスペースを狭小地に押し込む、生き生きとした生活空間
 (foo 松野勉・相澤久美/ライフアンドシェルター社)
小阪淳インタビュー「ノイズを拡張し、新たな価値を導く」
安東陽子インタビュー「空間から聞こえる声をテキスタイルで伝える」



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533