HP内の目次へ・検索もできます! 『半径一時間以内のまち作事』

10178号       10180号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10179号 2013年5月23日

『半径一時間以内のまち作事』

著:中崎隆司
発行:彰国社
定価:2,100円(本体2,000円+税5%)
223p・19cm
978-4-395-01264-0

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
既刊『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』から6年。3.11の東日本大震災を経て、建築を取り巻く状況はさらに大きく変わった。その変化を著者のかかわる日常的なできごとから説き起こし、現状をどのように変えていけば建築と都市に未来があるのかを展望する。
[目次]
はじめに
T  社会の変化の実感と予感
 オンラインコミュニケーション
 コピー建築(ロゴ建築)の増殖
 肥大化する消費者意識
U  建築家と建築メディアの行く末
 五十一年先の未来
 建築家の生き方
 建築家の責任範囲
 建築メディアの不毛
V  地域は他者によってつくられている
 住宅は誰がつくるものなのか
 政治家、公務員、住民に意識改革を
 地域活性化の鍵はアートではない
 集客のための建築と都市の危うさ
W  建築と都市の未来は個人がつくる
 環境に配慮した建築と都市をつくる
 個人が地域で生きていくために



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533